タグ:パン ( 1054 ) タグの人気記事

始動!

昨日から仕事が始まりました。
新年のスタートなので、いちおう気合を入れようと思って、眉を整え、そしてちゃんとドライヤーをかけてブローしちゃいました。
去年の夏ぐらいにTVで『困り眉』(←ネーミングの通り、困ったような下がり気味の形で、顔が優しく見えるとか)が流行っていると聞いてから、『困り眉』を目指していたのですが、たれ目の私がやるとたれ目が強調されているような感じだったし、性格にもそぐわない感じ。
年末年始の連休中にいっさいお手入れしないでのばしておき、そして前夜にやっと整えました~。
結局は、凛とした男前な形!?にしました。
やっぱ、私の性格にはこの形がぴったりだよな~と思った次第でありました。
それとブローが苦手な私は、風呂あがりにドライヤーをかけることもなく自然乾燥、そして朝もちょっと水をかけてとかして終了~ってな感じなので、JDに「ちゃんととかしたの?女捨ててるよ!」とよく言われてます。
確かにときどきとかすのを忘れて出勤することがあるので、会社のトイレのポーチにブラシとスプレーをキープして、そっと整えたりしているのですが、今年はもう少し女子力を上げるべく、ブローを頑張るのが目標です。

c0150564_21211780.jpg七草粥は、本日の夕食にいただきました。(だって、朝はやっぱりパンですから)
炊飯ジャーの『お粥』という設定ににして炊き、出来あがったお粥にゆでて刻んだ七草と塩を入れて混ぜて完成。
今年はとくに胃が疲れていたので、心の底からお粥が食べたい!とずっと思ってました。
お節料理って、砂糖、しょう油、さけ、みりんで味付けしたものが多いせいか、そんな味付けに飽きてしまい、いつもだったら大好きな煮物系もしばらくは食べたくない状況になっていたので、あっさりしたお粥は胃にやさしーーー。
昔の人は、すばらしい!としみじみ思いました。


しばらくご無沙汰してましたが、こちらもやっと始動となりました。
c0150564_21314394.jpg
今年第一号となる『ホシノ酵母でのライ麦カンパーニュ』を焼きました。
せっかくなのでクープを入れるカミソリもおニューにしました。(決してスケバンではありません)
して、今年の運勢を占うクープの具合はといいますと、、、
「ワイルドだぜぇ~」(←もう古くね?)
ガバーっと開いて、クープも角のように立ち上がってました。
年末年始は焼かなかったので、久しぶりのカンパーニュ、大変おいしゅうございました。

それとC&Sさんも始動しましたね。
しばらく新着のUPがなかったので、待ってました。
ずーっと探している布があって、かすかなる期待をしていましたが、残念ながら今回のラインナップにはお目当てのものはありませんでした。
それにちょっと出遅れたら、いいなーと思う布はすでにsold outでした。
それでも、ちょっとは注文してみましたけどね。
初布買い!
さっそく布買いも始動しています。
[PR]
by suisui53 | 2014-01-07 21:59 | クッキング

土曜日の夜、夕飯の用意ができたので2階にいるダンナを呼ぼうとしたらダンナが降りてきて
「なんかー、気持ち悪いし、寒気がするから寝るっ」
と言って、寝室へ直行してしまいました。
えー、このタイミングで?!
せっかく作った夕飯が台無しやん。
いえいえそっちじゃなくて、まさかのノロウィルス?それともインフルエンザ??の心配をしなきゃだった。。。
幸いにも23時過ぎに起きてきて、夕飯に作っていた湯豆腐は食べてお風呂にも入り、そして日曜日は普通にしていました。
単なる食あたりか?!


c0150564_0405312.jpg
土曜の朝は、久しぶりのホットケーキにしました。
日曜はベーグルで、写真撮ったはずなのに、なぜか消えてました。(なんで?)
そして月曜の朝のカンパーニュは、クープはどこいった?ぐらいの勢いとも思える縦横無尽な開き具合でした。


c0150564_044634.jpg
おやつは、練りパイ生地でのチョコパイを作りました。
久しぶりに練りパイを作ったのですが、いつもより生地が柔らかくて伸びがよく、いつもだったら長方形の型でギリギリの分量なはずがおまけ(小さな丸い型分)が付きました。
ダンナの大好きなホイップは、今回はなし!としました。


前回、ステンカラーコートをぜーぜーしながら完成させたはずなのに、お次もまさかのコート!
連チャンコート!!
なにをそうさせたのでしょう???
て、天使が舞い降りてきたから・・・・・(←マンデラ元大統領の追悼式でデタラメな手話をした男の言い分)
c0150564_0542793.jpg
パターン: one's one (ミルフィーユ・コート Lサイズ)
使用生地: Filer (フリース系)
パターンも生地も今年の初めぐらいだったかに買っていたものです。
いちおうJD用にと思って用意したはずなのですが、気がつけば春になっていたのでそのまま保管となっていました。
あわよくばずっと保管!?になりそうなニオイがしてましたが、天使が舞い降りてきたので、日の目を見ることができました。
c0150564_114055.jpg
急に思い立ったので(なんせ天使が舞い降りてきたので、、、しつこい)裏地もあるもので適当に間に合わせることにしました。
説明書を見ると、身頃部分と袖部分の裏地を異素材で作っていたので、
そっかー、身頃部分は暖かめの素材にして、袖は滑りのよい普通の裏地布にするという手もあるのだなーと勝手に解釈して(ただ単にわかりやすく説明するために違う生地を使っただけかも)異素材作戦で行くことにしました。
なーんて、本当は身頃用に使ったシャツコールの生地も袖用に使ったベンベルグの裏地もどちらも中途半端にしか残ってなく、それぞれそれで丁度良かったわけで。
c0150564_192053.jpg
連チャンで挑んだコートでしたが、たまねぎ工房さんのコートから比べたら、ものすごーく楽に感じられ、サクサクと作ることができました。
ポケットの付け方もものすごく簡単でしたし、フードは最初から身頃とくっついていたので、その付け方も新鮮だったし簡単でした。
お陰でこちらはぜーぜー言うこともなく完成させることができたので、中綴じやちどりがけなどの作業もわりとちゃんとやることが出来ました。
ボタンだけは近場のトーカイで調達したのですが、私の口からとった牙!じゃなくて、私の頭にはえていた角!でもないけど、そんなゴツイボタンしか選ぶ余地がなく、イメージがちょっと違ってしまいました。
ついでに縫いつけるときに、なんどもしつこく返し縫いをしてがっつり縫いつけたのに、どうやら角(やっぱり角?)の向きがまさかの逆さま!
無視してこのままで、、、とも思ったのですが、仕方がないのでつけ直しました。
c0150564_1141125.jpgフリースなので、軽くて暖か~い。
でも、Lサイズのわりには袖丈もそれほど長いわけでもなく、私よりもはるかに手足の長いJDが着たら、ちょっと短いかも~?
作りやすいし、カジュアルなコートも欲しかったので、自分用にも作りたいなーと思いました。
が、まさかのコート3連チャンはない!です。
[PR]
by suisui53 | 2013-12-17 01:32 | ソーイング

先週末は、所用があって土曜日から上京していました。
JDのアパートには日曜日に泊まり、月曜日のお昼過ぎの高速バスでこちらへ戻ってきました。
用事を済ませることがメインだったためショッピングの時間はあまりなくて、無駄遣いをすることがなかったから、却って良かったかもしれません。
最近はバイトに精を出しているせいで他のことがおろそかになっている様子のJD。
食生活もかなりいい加減のようで、冷蔵庫の中には賞味期限切れのものがたくさん入っていました。
でも、「多少ぐらいなら、平気、平気。お腹も壊さないし、全然大丈夫!」ときっぱり言い切っている~
ちょっと逞しくなったかも?と思った母でありました。


c0150564_14155380.jpg
先週末は、ライ麦のカンパーニュが焼けませんでした。
明日の分のカンパーニュは?
只今、一次発酵中です。
決してもったいぶって出さないのでははく、寒いので時間がかかっているわけですので、ご了承下さいませ。


c0150564_14202117.jpg
かぼちゃのプリンは、半分はJDの所へ持参するため、半分はお留守番をしていたダンナのおやつとして先週末に作ったものです。
ダンナに好き勝手にサーブさせると↑のように、どんだけ!?ってくらい、ホイップクリームをてんこ盛りにして食べています。
そして、今週末のおやつは、ラスト紅玉?で作ったアップルパイ。
パイ生地は、冷凍パイシートを使ったので、超お手軽に作ることができました。


この秋からの流行は、ペンシルスカート!
平たく言えば、タイトスカート!!
その流れに乗っかって、クルールさんで出た新作のタイトスカートを作ってみました。
c0150564_14304125.jpg
パターン: クルール (フロントマーメイドタイトスカート7号)
使用生地: クルール (ウール千鳥格子バーガンディー×ブラック)
c0150564_14314454.jpg
ネーミングのとおり、前にちょっと切り替え部分がありますが、それ以外はいたって普通のスカートです。
後ろに長めにダーツが入っていて、コンシールファスナー付けがあって、裾はフェスティバル!じゃなかった、祭り!いえいえ、まつり縫い仕上げとなっています。
このところ、スカートはしょっ中作っていたので、コンシールファスナー付けも短い距離ならわりと慣れてきました。
今回のスカートは、今までの中でも開閉が一番スムーズに仕上がりました。
c0150564_14371092.jpg大股歩きの私としては、タイトスカートがちょっと苦手なのですが、このスカートは、マーメイドラインの切り替えがあるし、膝丈ぐらいなので、それほど窮屈な感じはしません。
裏スカートもフロント部分はちゃんと同じような切り替えになっているので、足さばきに問題はないようです。
ただし、静電気防止の裏地じゃなかったので、ちょっと張り付き感があるような?(要スプレー)
ウェストも余裕があり、後ろもやや長めのダーツが入っているせいで、ドカッと椅子に座りこんでも、コンビニ前でヤンキー座りをしてもお尻がビリビリってことには、そうそうならないと思います。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-11-24 15:15 | ソーイング

今年の夏は確かうんざりするほど暑かったはずなのに、あっという間に季節は巡り、落ち葉のじゅうたんがあちこちに広がっています。
今朝はこの秋一番の冷え込みだったようで、場所によっては零度のところもあったようです。
来週は一段と冷え込むようなので、そろそろストーブも用意しなくてはならないかもしれません。(ちなみにホットカーペットはすでに活躍中)

c0150564_21415956.jpg
月曜日が祝日だったので、今週は火曜日の朝にライ麦のカンパーニュを食べました。
先週と似たようなクープの開き具合となりました。
いっそこのままこの形で安定してくれてもいいのですが、意図しているわけでもないので、次回はまたどんな形になるのかは、ふたを開けてみなければわかりません。
それはそれで結構楽しみなのであります。

c0150564_2147587.jpg
連休中に保存食作り。
実家の母より送られてきた『ナツハゼ』がもう1キロ分残っていたので、またジャムを作りました。
それとスーパーで丹波の黒豆が半額で売られていたので、迷わずゲットしました。
丹波の黒豆ですから、できれば正月までとっておきたいところですが、なにせ消費期限が間近だったので(ゆえの半額)すぐさま煮豆にしました。
これで、この冬は越せる!
わけはないっ。
すぐなくなることでしょう。。。


さてさて前回の『ジャージフレアドレス』の羽織りもの 次なる刺客でございます。
c0150564_21571527.jpg
パターン: クルール (ソフトテーラードジャケット)
使用生地: クルール (サマーニットラメツィード ローズピンク)
こちらのジャケット、春先ぐらいにクルールさんでUPした際に推奨布とともに買い、すぐに作っていたのですが、丁度そのときは停学中じゃなかった、ブログを休止中だったので本邦初公開~。
そして2作目は、やはり春先ぐらいにクルールさんで買っていた布、その名も サマーニットラメツィード で作りました。
サマー?夏??
c0150564_2263427.jpg確かにサマーとつくこちらの布、見た目よりは薄地です。
でも、サマーに着るにはなんとなく抵抗がある厚み加減。
そんなわけで、早々に水通しはしていたものの、ずーっと保留中となっていました。
そろそろ何かにしよう!と思えど、いかんせん季節は巡って今はもう秋~♪
サマーという名のせいでイメージが上手く湧かなかったのですが、おぼろげながらジャケットのイメージが浮上してきました。
でも、ジャケットにするには布がポコポコしているし、薄地だし、サマーだし。
それらの諸問題を解決するべく、全面に芯地を貼る!ことにしました。
裁断する前にすでに布全体に芯地を貼ったので、布がシャンとなったし、やや厚地になったし、オータムぐらいになりました。
c0150564_221852100.jpg
やや厚地になったものの、後ろ身頃の中心の縫い合わせが、仕様では袋縫いだったのでその通りに縫い合わせてみましたが、思っていたよりもはるかに厚みがあり、ゴロツキ感があったので、ほどいてそのままロック始末にしました。
毎度背中にゴロツキがいてはたまりませんから。(なんのこっちゃ)
c0150564_22501530.jpgこのジャケットは、ジャケットならではのきざみとか中綴じとかベンツとか、ちゃちなことは言いません。
どーんと前身頃を2枚を縫い合わせてひっくり返せばOK!という、潔い作り方となっています。
ジャケット界の革命~!?
前身頃が2枚合わせになっているので、簡単だし、厚地になったし、フォールになりました。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-11-06 22:58 | ソーイング

10月より社服の衣替えがあったものの、首元はまだ暑苦しでしょう、、、とのことでリボンの着用はなしだったのですが、本日よりリボンの着用となりました。
それに伴って、多少寒くてもハイソックスで頑張っていたのをタイツに変えました。
やっぱタイツは暖かくていいや~。(←当たり前だし)

c0150564_17591888.jpg
今週の天然酵母のカンパーニュは、真中がパッカーンと開いています。
十文字にクープは入れているはずなのに、もう一方のクープの立場がないじゃん。
スクエア型で同じような成型で焼いたオニオンベーコンチーズパンとかぼちゃのちぎりパン。
さりとて、オニオンベーコンチーズパンは表面がパリパリしているのでナイフでカットし、かぼちゃのちぎりパンはホワホワなので、もちろんこちらは手でちぎります。
兄弟、同じように育てたつもりでも、全然違った子に育つのと一緒?

c0150564_1842562.jpgダンナが木曜日に東京へ日帰り出張で、先週に引き続き、またまたJDに会って夕飯を一緒に食べてくるということだったので、JDへの手土産。
ハロウィン前日だったので、かぼちゃのマフィンにしました。
会社の人にもおすそ分けしたところ、一緒に食べた娘さんにとても好評だったらしく、その娘さんがぜひレシピを教えてほしい!とのことでした。
食べるだけで満足しているうちのJDとはえらい違いだ。


先週はバタバタと忙しく、今週はその疲れでげんなり~。
お陰でミシンとの遭遇がありませんでした!?
作りたいものの妄想と、作らなければ消費されない布はたーんとあるんですけどね。
c0150564_18115837.jpg
パターン: polka drops (ボトルワンピース)
使用生地: Rick-Rack(ドットパイルニット クリーミーブラウン)
ものすごく久しぶりにRRさんの正規代理店に行き、そこで目に飛び込んできたのが、こちらの布!
全然違う目的で行ったはずなのに、質感、色、そしてドット柄、すべて私の好み~。
三拍子揃っていては買わずにはいられません。
即行で買ってきたものの、布がかわいいので何にするのか迷い、これにしようと思えば用尺が足りなかったり、あれにしようと思えば、どうやらそのパターンを処分してしまったようで見当たらず、右往左往した結果、結局は3枚目となるボトルワンピにしました。
c0150564_18234586.jpg

3枚もつくったのだから、さぞやお気に入り?!
いえいえ、さぞ気に入っているわけでもないんです。
2枚目のはJD用だったし、1枚目のは先日着てみましたが、やっぱり肝心要のボトルネックの部分が定まらなくて~。
スカーフなどもいつもかっこうよく巻けない私。
襟もとにデザインのあるものも、いつもさりげなくできなくて、なんか定まらなくて落ち着かないんです。
いかんせん、今回は布がちと足りなかったので、その襟の部分を15センチぐらいカットしなければならなかったので、逆に短くなってすっきりしました。

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-11-01 18:40 | ソーイング

先日、パンの二次発酵中にちょいとうたた寝をしてしまい、慌てて起きてパンを焼かなきゃ!と思ってオーブンレンジの天板にパン生地を乗せようとしたところ、天板がスルッと手元から落ちて私の足の親指に直撃しました。
その日はやや暖かかったこともあり、裸足でした。
ほぼ垂直に落ちた天板は、私の両足の親指の上に見事に命中し、寝ぼけていた私を一瞬でシャキーン!とさせてくれたのでありました。(てか、目から火が出ていたような?)
しばらく痛くてフリーズしてしまいました。
その後もズキズキと痛みが治まらず、もしや折れた?と思いましたが、それは大丈夫だったようです。
もちろん右足の親指の関節のところが青アザとなり、左足の親指の爪が死んでました。
それでも今思えば、パンを焼く前の天板でまだよかったです。
これが焼いた直後の熱々の天板が足に落ちたら・・・と想像しただけで、ゾ~~~

c0150564_22132469.jpg
そして、このくるみとレーズンのカンパーニュこそが、私が体を張って焼いたパンです。
さすが、体を犠牲にしただけのことはあり、きれいに焼けています。(→このカンパーニュは、ドライイーストなので、いつだって誰だってきれいに焼けるのである)

c0150564_22163559.jpg
ダンナが本日(25日)に日帰り出張で東京へ行き、夕飯は新宿でJDと食べてくることになっていたので、JDへの手土産にとバナナのパウンドケーキを作ってダンナに持たせました。
そう思いついたのが、昨夜の11時もとっくに過ぎてからで、実際オーブンで焼き始めたのは午前零時~それから焼きあがるまで40分!
なーにやってんだか!?
と思いつつ、いそいそとケーキを焼いている私。。。
不憫なものよのぉ~。


思い起こせば丁度去年の今ぐらいの時期に『ジャージーフレアドレス』を作りました。
ただ、それはそれはボディコンシャスなものに仕上がり(ようはピッチピチ!)しかも後ろのコンシールファスナー付けにも失敗し、開閉がスムーズじゃないものとなってしまったので、二度と着たくないものとなっていたのでありました。
なので、いつかもう一度リベンジせねば、、、と思い続けて早1年、やっとそのときが来ました。
c0150564_22265715.jpg
パターン: たまねぎ工房 (キトリ/ジャージーフレアードレス)
使用生地: クルール (テンセルキュプラスムース チャコール杢)
テンセルキュプラスムースで、クルールさんのドレープワンピの2枚目を作ろうかな?と思っていたのですが、ドレープワンピが今一つ似合わなかったので、たまねぎ工房さんのこちらのワンピにするには少々薄地かも?と思いつつも要尺的にはぴったりだったこともあり、こちらを作ってみました。
去年、なんであんなパッツパツになってしまったかと言えば、PDF型紙をプリントアウトする際に、どうやら微妙に縮小されたままプリントアウトして、それで作ってしまったから。
今回は間違わないようにちゃんと100%でプリントアウトして、型紙を切り貼りしました。
これで正しい7号サイズの型紙が出来た!と思って、去年のものとどの程度違うかな~?と比べてみたら、、、
な、なんと同じ!!!
へ?また間違えたんかい。
と思ったら、間違えてない。
ってことは、去年も間違えてはいなかったわけで、、、
ってことは、去年から7号サイズがやばい体になっていた?
兎にも角にもまたピッチピチのワンピになってはかなわないので、気を取り直して9号サイズでプリントアウトして作ることにしました。(これがPDF型紙のいいところ)
c0150564_22561499.jpgこのワンピは、シンプルな形なので、それほど難しいこともありません。
ただ、後ろのコンシールファスナー付けが、距離が長いこともあり、唯一の鬼門です。
仕様書をみると、ファスナーのしつけは、ハンガーに吊るしてやる とのことだったので、
寝た子を無理やり起こした上に、吊るしあげかよっ!
コンシールファスナーの場合、寝ているムシ部分をアイロンでしっかり立たせておかないといけないわけで、吊るすのは釣り合いをみるためので、しつけをかける際にはハンガーから外して、、、って書いてました。
それなのに吊るし上げ~に気をとられたせいで、吊るしたまま、しつけをかけてしまいました。
この光景、いつかTVでやっていたような?
そうそう、あんこうをさばくときもこうして吊るしてさばいていたっけな~。
そんなことはどうでもよい。
とにかく、寝た子を起こして吊るし上げてしつけをかけたわけだから、仕上げにコンシールファスナー付け専用の押さえを使って縫いつけました。
これで、さぞや開閉スムーズの完璧なるファスナーがついたに違いない、と思っていたのですが、実際に開閉してみると、、、
し、しぶい。。。
これじゃ、右肩を骨折して以来、四十肩が急速に進み?背中がかゆくても思うようにかけないし、背中のファスナーにもいつも苦戦するのに、このしぶさは、厳しーーー。
仕方がないので、ファスナーを一度ほどいて、アタッチメントも直線縫いの普通の押さえにもどして、つけ直しました。
これでスムースな開閉にはなったのですが、そんなことをしたせいで、右左が微妙にズレ、そしてしわが寄ってしまいました。

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-26 00:04 | ソーイング

母の誕生日

10月17日は、実家の母の誕生日でした。
そしていつもプレゼント選びに苦悩します。
一筋縄ではいかない我が母、そんじょそこらのものを適当に買って渡そうものなら、クレームが。。。
いつだったかエプロンを買ってあげたら
「エプロンなんて、何枚も持ってるわ!」と言われ
また、違う時に木製のサラダボウルをあげたら、結局は全然使ってもらえず
「使ってないから、これ持って行っていいよー」と言われ
またある時にあげた冬用のあったか下着に関しては
「最初いいと思っていたけど、やっぱり肌に合わなかった」と言われ
ほぼ、お気に召さない反応が多いので、それ以来軽くトラウマになっている私。
でもって、毎回うーんうーんと悩んだ挙句、結局は苦し紛れのものをあげるから、やっぱり今いちで終わります。
そして、今年もそんな時期がやってきて、どうしよう???と、少々焦っていたところへ、ナイスアシストがありりました。
c0150564_20232335.jpgピアニストの辻井くんのチケットを入手するためにぴあ会員になっていたのですが、そのお陰でお気に入りのアーティストの情報がいち早く届きます。
いつもはうざいと思っている情報メールでありましたが、今回はまさに渡りに船!
辻井くんよりも気に入っていた兄弟デュオピアニスト?のコンサート情報を知り、チケットをゲットすることができました。
ゆえ、今回は胸を張って母にプレゼントを贈ることができました!
コンサートは、来年の3月なので、まだまだ先のことですが、これを楽しみに厳しい冬を乗り越えてもらえたらいいな~と思っています。


c0150564_20251343.jpg
でもって、クロワッサンは、母がクロワッサン好きなので、そのために作りました。
アップルパイも好きなので、半分はアップルデニッシュにしました。
バターの折り込み作業が面倒だし、私自身はクロワッサンがあまり好きではないので、滅多に作らないこともあり、毎度下手くそのまま。
今回こそは!と意気込んでいたものの、進歩なし。
たま~にしか作らないからねーなんて言い訳してるけど、じゃあ、毎週作っているカンパーニュはどうよ!?ってことになりますが、、、
今回は、わりと美しく焼けているじゃあーりませんか!
と思ったけど、裏返してみたら、やっぱり完璧ではありませんでした。
ま、こんなもんでしょ。

c0150564_20351946.jpg
それから、母がどらやきが好きなので、どらやきも作りました。
どらやきの皮には、はちみつが入ります。
はちみつといえば、そうです、例の日本ミツバチのはちみつ!
丁度これがラストでした。
はちみつ入りの皮は甘いので焦げやすいのですが、見事にやや焦げ気味。
そして追い打ちをかけるように、圧力鍋で炊いたあんも、まさかのやや焦げ気味~。
うわ~、母に指摘されそう。。。
と思いつつも、やり直している時間もなかったので、やや失敗のどらやきは、東へ西へと送られていったのでありました。
それから、友達にあげるためにチーズケーキを作りました。
こちらは、栗原はるみさんのなんつったって、『失敗しないチーズケーキ』
失敗しない?
「私、失敗しないので、、、」←大門未知子か!?
先日作った黒スグリのジャムを入れて焼いてみました。
やっぱり失敗しませんでした。
でもって、、、西へ届いたどらやきは、「おいしい」と言っていただきましたが
東に届いたどらやきは、、、、恐れていた焦げへの突っ込みではなく
「中の小豆、もうちょっと柔らかく煮たほうがよかったんじゃないの?」というご指摘。
そ、そっち~?
うちの十何年選手の圧力鍋、最近調子が悪くなってきて、小豆を炊いた場合、かなりむらがあります。
なので、途中で1度ふたを開けてかき回し、差し水をいれてもう一度圧をかけるようにしているのですが、やっぱり完全ではありません。(今回は差し水が足りなかったので焦げの原因ともなりました)
それでも、粒の立ってる小豆はめちゃめちゃ堅いわけでもないし、それはそれでいいかも~
柔らかい小豆と堅めの食感を楽しめばいいや~
と、いたって都合よく取って、ここしばらくの我が家のあんこといえばこんな感じだったのですが、母にはそんな誤魔化しは通用しませんでした。
私がいちおうそんあ言い訳をし、母はそれをフーンと聞き、そのあとのひと言は・・・
「あ、でも味はちゃんとうちの味だね~」
甘み控えめのさっぱり味!
てなわけで今年も大成功!とはいきませんでしたが、とりあえずは無事に済んでよかった。。。

おまけ・・・
1個キープしておいたどらやきを食べたダンナ。
こいつは、もちろん焦げ焦げ~とか、気付かないし、もちろん小豆の炊きあがりにむらがあることも気にしない。
日本ミツバチのはちみつがこれで終了した!と告げたところ、
「じゃまた新しいの買ってこなきゃ!」と、いたって能天気な返事なのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-10-21 21:28 | クッキング

c0150564_013427.jpg健康グッズ好きのダンナが新しいアイテムを買ってきました。
これに乗って腰をツイストするものなのですが、、、
くびれを求めているのか?どうか、謎ですが、それに乗る度に
「ジェニ、ジェニ、ジェ~ニー ♪ ジェニ、ジェニ、ジェ~ニー ♪ 』
と、歌うのがもっと謎なんですけどー。
誰の歌なんざんしょ?


c0150564_0201230.jpg
実家の母より、毎年この時期にしかとれない 黒スグリの実が届きました。
さっそくジャムを作りました。
ブルーベリーよりも酸味があって、さわやかな味です。
保存しておいた栗の渋皮煮を使ってマロンタルトを作りました。
いつもパテェシエの辻口さんのレシピで作っていたのですが、それだと結構激甘なので、家族は喜んで食べてましたが、私的にはちょっと問題あり!だったので、今回は自分の中で構想していたタルトにしてみました。
タルト生地にアーモンドクリームを敷き込んで焼き、そこへマロンペーストと生クリームを混ぜたマロンクリームを絞り、そして渋皮煮をトッピングする
いわゆるモンブランの形にはなってないけど、味はモンブラン!というもの。
結果は、なかなかいい感じでした。
少なくともいつもの辻口さんのよりは食べやすい。。。(辻口さん、失敬!)
そんな辻口さんの本のスイートポテトははちみつを使ったもので、とてもおいしかった!ということを思い出したので、例の日本ミツバチの蜂蜜を使ってスイートポテトを作りました。
蜂蜜の味がかなり主張して、辻口さんのせっかくのレシピも日本ミツバチにやられてしまった、というものとなりました。
これらをせっせと作ったのは、もちろんJDのところへ送ってあげようと思ったからです。

もちろんパンも送らなきゃ!ということで、いつものライ麦のカンパーニュはお休みをして、他のパンを焼きました。
c0150564_034637.jpg
フォカッチャ、プルママンブレッド、豆パン
プルマンブレッドは、最強力粉と準強力粉を混ぜたものを使ったパンで、しっとりとした触感なのでトーストしても美味しいのですが、サンドイッチにもぴったりな食パンです。
最強力粉は、スーパーキング。
準強力粉は、リスドォル。
いつもこれらを使うのですが、粉を頼んでいる富沢商店さんでリスドォルを切らしていたので、今回はジェニーという準強力粉を買いました。
なので、今回のプルマンブレッドは、カズさんとジェニーちゃんの共演!
私の中でのジェニーちゃんとは、お人形のジェニーちゃんではなくて、最近見かけなくなったけど、ひと頃TVに出ていたおかまのジェニーちゃん!
好きだったのになぁ。。。どうしているんでしょう???
ジェニーを使って作ったプルマンブレッド、いつもより窯のびが悪かったし、きめも粗く(過発酵気味だったこともあり)色がかなり黄色っぽい。
ジェジェジェ~こりゃ失敗か!?と思いましたが、味見をしてみたらびっくり。
いつもよりほんのり甘みがあって、なんとも美味しい。
カズさん(←キングといえばカズさん!という短絡的発想)とジェニーちゃんのコラボは、いい仕事してまっせ~。
全部送るのはもったいないかも、と思いつつスライスして全部箱に詰めました。

あとは、やはり実家の母が送ってくれた新米のおすそ分けとリンゴ、お惣菜、などを入れました。
これらを用意するのにぐったりだったはずなのに、、、
木曜日にJDの高校時代からのお友達がアパートに遊びに来るというので、そのお友達へのプレゼントとしてポーチを作りました。
c0150564_0574847.jpgパターン: パターンレーベル (ポーチBセット ラウンドポーチ 大サイズ)
使用生地: C&S (リバティ コーティング Alexanderアレキサンダー カラフル系)

c0150564_11374.jpg
もしかしたら見覚えのある方もいるかもしれませんが、まったく同じ生地、パターンでこちらのポーチを2月末に作って退職した人へのプレゼントとしました。
その残りで作ったのですが、ファスナーと裏布が違うので、少しイメージが違っています。
そして、何よりも違うのは、裏地の仕上げ方が違います!
今までは、ずーっとバイヤステープでぐるりと縫い代をくるんで仕上げていたのですが、今回はつけないすっきりタイプにしてみました~。
小うるさい小姑のような仕様書をよく読むのにげんなりして(パタレさん失敬!)避けていたのですが、今回はちゃんと目を通してこのやり方でやってみました。
向きを間違えて縫いなおした部分もありましたが、なんとかそれなりに仕上がりました~。
やっぱ、こっちのほうがすっきり仕上がっていい感じです。
とはいうものの、相変わらずカーブが上手く縫えず、ひっつれている個所が所々に。。。
満足したのは中だけで、外見は今一つ~なんですが、いちおう雨風はしのげると思うので?何かの足しにしてもらえらば幸い??ということでJDのお友達へ無理やり渡してもらうことにしました。(おせっかいおばさんか?!)

台風が東京に上陸するらしいのですが、ちゃんと荷物届くかな~???
そしてそんな台風の中、ジェニーちゃんはどうしていることやら?
[PR]
by suisui53 | 2013-10-16 01:29 | ソーイング

日本ミツバチの蜂蜜~気になって調べたところ、日本ミツバチの蜜は、百花蜜と呼ばれるほどいろんな花の蜜がブレンドされているそうです。
だから、あんなに濃厚だったのか~と納得しました。

c0150564_22464794.jpg
稲田多佳子さんの『はちみつとナッツのお菓子』という本を持っているのでその中から蜂蜜を使ったおやつを作りました。
ブラウニーとマーラーカオ。
やっぱり濃厚な蜂蜜を使っているせいか、今まで作っていたブラウニーやマーラーカオとはちょっと違っていました。
きちんと蜂蜜の香りや味が主張しています。
私はどちらかといえば、あまり主張してくれなくてもいいのですが、ダンナは結構気に入って食べていました。
そして、「こんなにこの蜂蜜でいろいろ楽しめるのだったら、この値段、安いかも?」だって。
安かぁねー。
ほんと、単純な奴。

c0150564_22531316.jpg
先週の土曜の朝は、イングリッシュマフィンとベーグルの夢のコラボ!?
といっても、どっちも冷凍保存していた残り物なんですけどね。
今週のカンパーニュは、クープは全開バリバリでしたが、なんなくまとまってやがってました。

ただ今マイブームのボウブラウス。
そろそろ長袖も必要かと思いまして、作りました。
c0150564_22573174.jpg
パターン: クルール (サマーボウブラウス)→長袖バージョン
使用生地: クルール (クリセタツイル サマーアイボリー)
クルールさんに長袖のボウブラウスのパターンがあり(ブラウスの5頁目)いつも眺めてはどうしようかと迷い続けていましたが、結局は手持ちのサマーボウブラウスのパターンを使いまわし、そこへシンプルカシュクールシャツの袖を付けるという強引なる合わせ技でいくことにしました。(小市民?単なるケチ?)
もちろんぴったりとはいかず、カシュクールの袖の方が大きく、そこで線を引きなおして補正をする!なーんてこともせず、あまっている部分をギャザーにして辻褄を合わせました。
カフスのところは、剣ボロだったのですが、そこは遠慮させていただき、バインダー処理にしました。
でもって、サマーボウブラウスといえば、、、ピンタック!
こちらも遠慮させていただいて作れば、もっとすんなりサクサク作れるのに、どうしても避けられない。。。
ましてや今回の布は、魔性の女系~
パターンを置いて、裁断をする前にそーっとチャコペーパーをしのばせ印をつけておいたので、こりゃ勝ったぜ!と思ったのもほんの束の間のことで、裁断して、さあピンタックを縫おうと思い、印をつけた部分にアイロンをかけようとしたら、印がうねってるーーー!
せっかくの印は、全く機能していなかったのでありました。
結局、印は無視して、アイロン定規を使いながらなんとか折り目をつけ、そこを縫っていきました。
c0150564_2323302.jpg
 誰か ピンタック 止めて ピンタック 胸に 胸に ダーツもある~
(誰か ロマンティック 止めて ロマンティック 胸が 胸が 苦しくなる ♪ by  CCB)
c0150564_23294522.jpg胸のダーツはチャコでつけておいた印に添って縫ったのですが、後で見てみたら左右の位置が上下にずれてました。(チャンチャン)
そんな調子でのっけからうんざり気味だったのですが、それでも頑張って縫い進めました。
魔性の女系ゆえ、ギャザーもうまくいかず、リボン部分もきれいにつけられず、途中でほとほと嫌になり放棄しようかとも思ったのですが、無理矢理縫い合わせて、なんとか完成させました。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-09 00:01 | ソーイング

c0150564_22154333.jpg先日ダンナが、仕事の関係もあって、手土産にはちみつを買ってきました。
それは、希少価値のものになりつつある 日本ミツバチのはちみつ 
確かに少し前にTVで日本ミツバチが激減しているニュースを見ていたので、これが噂のものですかーと思ったのも束の間、そのお値段を見て、びっくらこきました!

c0150564_22241269.jpg300g入りの瓶でお値段なんと、2500円!
おそらくいつも使っている1000g入りのアカシヤの国産ハチミツのほうが安いかと思われるわけで(こちらは実家の母が送ってくれたものなのでいくらなのかは不明ですが)
私だったら絶対買わなーい!
して、お味のほうはと言いますと、、、
濃厚~さすが日本ミツバチ!?まじめにコツコツ蜜を集めたね~(しかしながら瓶に何の蜜なのかの記載がない)
でも、なーんかのど飴のようなちょっと癖のある味。(かなり失礼な女!)
以前、味見して好みじゃなかった栗のハチミツのことを思い出してしまいました。
私はどちらかというとアカシヤやれんげの癖のないハチミツのほうが好みです。(違いのわからない女!)

c0150564_22371356.jpg
ダンナの勇気ある行動?に敬意を表して、ハチミツパンを焼きました。
やはり今まで作ったハチミツパンとは違って、焼きあがりハチミツの香りがプーンとにおいました。
味もいつものよりもハチミツの味がしっかりしていました。

この秋は、やっぱりインシテキル!のが流れのようなので、インするためのスカートを作りました。
c0150564_22424753.jpg
パターン: クルール (膝丈フレアースカート)
使用生地: クルール (シルキータッチウール ブラック)
フレアースカートは、シンプルな形でパーツも少ないのでわりと簡単です。
c0150564_22513435.jpg
少し手間がかかった部分といえば、コンシールファスナー付けと裾のまつり縫い。
コンシールファスナー付けのときにいつもキワを縫いすぎて、開閉が不自由になることが過去に何度もあったので、コンシールファスナー用の押さえを使うのはやめて、あとムシ部分をアイロンでしっかり立ててからやるようにしたので、失敗が減りました。
裾のまつり縫いは、距離が長くて、縫えども縫えどもゴールにならず、疲れました。
c0150564_22574493.jpgシルキータッチウールは、くたっとしたフェルトのような質感。
結構薄かったので、とても縫いやすかったのですが、真冬にはちょっと寒いような?
クルールさんでは、白のフレアースカートだったので、ちょっとは迷ったのですが、そこまで攻める勇気はありませんでした。
白パンは去年から平気ではけるようになったのに、白スカートにはまだ抵抗が。。。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-03 23:18 | ソーイング