タグ:バッグ ( 49 ) タグの人気記事

成長期はとっくに終わったはずなのに、毎日ゴクゴクと牛乳をたくさん飲んでいるうちのダンナ。
これ以上成長してどうすんだーーー?!(現時点で身長183㎝)
油断しているとすぐに牛乳がなくなり、パンやお菓子の材料として使いたいときに足りなかったりして困ることがあります。
先日、牛乳を買うつもりでスーパーに行ったはずなのに、つい店内焼き立ての焼き芋を発見したら、すっかり牛乳のことを忘れ、焼き芋を買っていました。
帰り際に、はて???と、やっと本来の目的を思い出し、もう一度戻って牛乳を買ってきたのでありました。
フー、危ない、危ない、これからの季節は誘惑が多くてかないませんのぅ~。

c0150564_11571242.jpg
ホシノ酵母で作るワッフルは前夜に仕込んでおくのですが、朝起きがけにチェックしたら今までよりも発酵が進んでいませんでした。
仕方がないのでオーブンの発酵機能を使ってもう少し発酵させてから、ワッフルメーカーで焼きました。
生クリーム&チョコソースが乗っかったこってこてのは、もちろんダンナのです。

c0150564_1242191.jpg久しぶりに普通のスコーンが食べたくなったので、作ろうと意気込んでみたものの、メイプルシロップがワッフルを食べたときに終了してしまったことを思い出しました。
ジャムとかホイップクリームはあるけれど、私は真ん中からぱっくりと割って、そしてそこへメイプルシロップをかけて食べたい、のだ。
しょうがないので、チョコチャンクスコーンに変更しました。
ダンナが喜んで食べ、私はスコーンから撤退!?したのでありました。


c0150564_121138.jpg
パターン: pattern Label (ポーチセットBのペンケース)
使用生地: C&S (リバティ コーティング Patricia)
先日ご栄転ということで転勤になってしまった職場の女性管理職に、お世話になったお礼としてペンケースを作って渡しました。
こんなんでいいのやら?とも思いつつ、時間もなかったし、ほかにいいアイデアも浮かばなかったので前夜に慌てて作りました。
いちおう彼女の好きそうなパープル系で作りましたが、ちょっと歪んでいる~。
でも、知らない人が見れば、もともとこんな形なのだろう、、、と思ってくれると祈って渡しました。
新しい職場でもますますのご活躍をお祈りいたしてます。。。と祈るのが本当だろっ。


c0150564_12225691.jpg大好きなコロリンバッグ。
毎年1個は作っているような気がします。
今年も今年のコロリンとして、6月のバラの咲く時期に本当は作ろうと思っていたのですが、すっかり時期を逃し、、、このまま来年へ持ち越しか!?とも思っていたら、秋にだってバラは咲くことを思い出し、気を取り直して作りました。

パターン: BLUE MOON (kororin bag)
使用生地: C&S (オリジナルリネン ロゼッタ)


c0150564_12352610.jpg
コロリンバッグは、内側に巾着がつくのが正しいのですが、私はせっかちな性格ゆえ、巾着の紐の開け閉めが煩わしくなってしまうので、省略したバージョンで作りました。
すでに5個以上のコロリンを作りましたが、巾着をつけたのはおそらく1個だけです。
ただし、その代わりと言っては何ですが、ポケットを付けてます。
鍵を入れておくスペースを確保しておかないと、いつも車と玄関の前でゴソゴソと探してしまうからなのですが。。。

 

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-13 13:08 | ソーイング

2013・夏の陣!

去年のお盆、実家へ帰省できなかったので、その穴埋め?として9月のクソ暑い中、クソ混んでいた『フェルメール』を実家の母のお供で行きました。
そして、今年。
c0150564_2124524.jpgやはりお盆は帰省できなかったので、第二弾!?として、プーシキン美術館展を観に行って来ました。
今回はそれがメインではなくて、東京オペラシティ コンサートホールで開演された『THE PIANIST~コンポーザーピアニスト・フェスティバル2013』が、一番の目的でした。
「辻井伸行くんのコンサートチケットを取りたいのに、全然取れなーい」
と言って嘆いていた実家の母のご要望に応えるべく、ぴあの会員になり、なんとか23日分のチケットを2枚ゲットしました。
当日は私は仕事の都合でコンサートには物理的に無理で、ピアノを習っていたJDがこちらのコンサートを聴いてみたい!と意欲満々だったので、JDにお供を頼み、上京してきた母と二人で行ってもらいました。(きっと私が行っていたら、途中で眠っていたかも?)
私は、二人がコンサートに行って盛り上がっているぐらいのタイミングで上京し、新宿のホテルにチェックインして二人が来るのを待っていました。
23日はホテルのトリプルルームに三人で宿泊し、そして24日に神奈川に住む兄夫婦とも合流してみんなで横浜美術館へ行ってきました。
こちらも、去年同様混んでいましたが、クソがつくほどではありませんでした。
それでも、つ、疲れた~。(途中で寝ることはなかったですけどね)
私は、23日の夜にホテルで母に会いそれからのお供でしたが、JDにいたっては、23日の昼過ぎに上野駅に母を迎えに行き、やはり母の要望で東京都立美術館の壺やら土器やらの鑑賞に2時間ほどみっちりとつき合わされ、その後新宿に移動して、ホテルに荷物を置きに行って、そしてコンサートへ~と、超ハードなスケジュールをこなさなければならなかったので、大変だったようです。
方向音痴なJDにちゃんと案内できるのか不安でしたが、見事に任務遂行してくれました。
実家の母は、辻井君のピアノ演奏も聴けたし、それ以外に出ていた『レ・フレール』の演奏が大そう素晴らしかったらしく、大満足だったとのことでした。

c0150564_21584218.jpg
24日の夕方の新幹線で母は秋田へ戻り、私も夜のバスで家に戻ってきました。
JDのアパートにその日は泊まろうかとも思ったのですが、暑いだろうし、なにかと忙しいので夜のバスでこちらへ戻ってきました。
東京は覚悟していたほど暑くはなかったので、信州はさぞ涼しいに違いない!と思ってはいましたが、涼しい~ってか、ちょっと肌寒い?!ぐらいでした。
お陰で明日の朝のカンパーニュは、安定した発酵ができたせいで、珍しくキレイに焼き上がりました。

c0150564_227951.jpg
東京での疲れが残っていたので、洋服まで縫う気力はなく、ビニコのバッグを作りました。
私が洋服や小物などを作っていることを知った会社の人が
「今使っている手提げバッグがボロくなって新しいのが欲しいんだけど、こんなのも作れるかな~?」
と言っていたので、
「その程度のことでしたら、おやすい御用でやんす」
ちょうどキャスのオイルクロスも余っていたことだし、それを使って作りました。
おやすい御用!だったはずのわりには、糸調子がなかなか上手いこといかず、
ビニコ界では縫ったら最後、絶対にほどかないで下さい!
という掟を何度も破ってしまいました。
ビニコは久しぶりだったし、あんまりキレイに縫えなかったし、適当に作ったら思ったよりも縦長にできてしまったし、こんなんで喜んでもらえるのでしょうか???という、仕上がりになってしまいましたが。

実家の母は、コンサート、美術館巡りなど、充実した時間を過ごせたようで、とても喜んでくれ、東京駅での帰り際、思い余って涙ぐんでました。。。
そ、そこまで、喜んでくれなくてもいいっ。
女の涙にはオイラ弱いのさ~(←誰?)
気丈な母の涙、、、せっかく親孝行したつもりだったのですが、母の老いを感じて切なくなってしまった私なのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-08-25 22:39 | お出かけ

この週末はJDのところへ遊びに行ってました!
まだまだ雪がたくさん残っている信州と比べたら東京は遥かに暖かかったのですが、いかんせんJDのアパートの暖房器具がこたつだけだったので、それなりに寒かった~。
いちおう電気ストーブも持たせているのに、電気ストーブじゃ部屋が暖かくならないから!という理由で箱に入ったまま、、、
エアコンでの暖房という手もあるのに、信州人はエアコンを暖房器具としてあまり使うことがない!という理由でつけることもなく、、、
お陰でこたつで丸くなってばかりいました。(←猫か?)

c0150564_1738268.jpg
ホットドック、ホットサンドは、冷凍ストックのパンを駆使して作りました~。
オニオンベーコンチーズロールパンは、コーンポタージュスープといっしょに食べました。

c0150564_17403966.jpg
JDが先日親知らずを抜いたので、口を大きく開けられないといっていた事もあり、今回持参したパンはやわらかいミルキーパン。
そしておやつもベイクドチーズケーキにしました。
本当はスフレにしたかったのですが、時間的な余裕がなかったので、一番手間のかからない混ぜて焼くだけのチーズケーキにしました。

今回のちょい旅のお供として、今結構流行っている?ワンショルダーのリュックを作りました。
c0150564_17473257.jpg
パターン: polka drops (スマートボディリュック)
使用生地: C&S (キルティング Paysanneペイザンヌ あずきミルク地)
パターンは年末ぐらいに届いていたのですが、パーツの多さに恐れをなして見なかったことーにしていましたが、上京する際にはこの小ぶりなリュックが絶対便利!と気持ちを奮い立たせて、やっと重い腰をあげたのでありました。
作るにあたり、布のチョイスをどうすべきか迷ったのですが、先月、フード付きベストを作っていたキルティングが余っていたので、それを使うことにしました。
布は表地、裏地、別布と3種類用意するようになっていたのですが、パターンの各パーツと全体像がはっきりくっきりイメージできなかったので、色合わせ的こんなもんでいいのか?と少々不安を抱きながらの組み立て作業となりました。

c0150564_1758955.jpg
このリュックはポケットがたくさん付いています。
正面、背中部分、中、そして携帯を格納するポケットまで!
携帯用のポケットは、実際使ってみて、便利なような不便なような?
頻繁にメールやらラインやらでやり取りしていると、いちいち仕舞うのは面倒でした。(コラッ)

c0150564_1813520.jpg最初ワケがわからなかったパーツもひとつひとつ組み立てていくと、なるほどナーという感じで形になっていきました。
が、表地をキルティングにしたための問題が勃発。
キルティングは裁断してからすぐほつれ防止のためぐるりとロックミシンをかけるのですが、裁断した寸法よりもわずかにカットしながらロックをかけるので、実寸よりも誤差が生じることとなりまして、、、
ひとつの嘘がたくさんの嘘を生むかのごとく?
いや、一度犯罪に手を染めた者は、どんどん次の犯罪に手を染めていってしまうかのごとく?
とにかく、ズレっぱなし。(例えもズレてる?)
それなのに無理矢理縫い合わせていったので、最終的には大きなズレがーーー。
せめて最初の1個目は、キルティングじゃないもっと薄い布にするべきでした。。。(早く気付けよー)
最後に裏側の縫い代部分をぐるりとパイピングする際には、ズレと布の厚みとの仁義なき戦いでした。
お陰で、底部分の角がきっちりと出来ず、もっさりとした出来になってしまいました。
納得いかないけれど、もう限界だったので(いろんな意味で)何とか息も絶え絶えに完成させました。
もちろん完成したのは、出発するその日の未明。。。
なんでもっと余裕を持って早めに作らないかな~って感じ。
そうしたら、もう少しきれいにできたかもしれないのに・・・・・。
そんなこんなでJDと会ったときには、出来立てのリュックを引っさげて颯爽と登場!ではなくて、リュックもヨレヨレ、自分も寝不足でヨレヨレでの登場!!となったのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-02-26 18:46 | ソーイング

今日は朝から雪がじゃんじゃん降っています。
空から誰かが粉を振るっているのではないかのごとく、とめどなく空から粉が、じゃなかった雪が落ちてきます。
止むまでは雪かきもスタンバイ中。
あー、でも何センチ積もることやら???

c0150564_1054064.jpg
休日は、菓子パン&惣菜パンの組み合わせでよく食べます。
甘いパンだけだと飽きてしまうので。(JDの場合、甘いパンだけでも全然OKだったけど)
日曜日のランチは、ブールを焼いて、シチューパンにしました。
いつもより小ぶりに焼きあがったせいで、シチューがたくさん入らず、ちょい残念!


c0150564_11010100.jpg
クリスマスのときは、高かった苺。
気がつけば、もうすでに安くなってきています。
特売品ではあったのですが、1パック299円!
こりゃ買わないわけにはいかないっ、じっちゃんの名にかけてっ!!(←金田一少年か?)
そして、最近頭の中がロールケーキのことでグルグルしていたので、ロールケーキにしました。
どちらかといえば生クリーム好きではないので、いつもは生クリームを少なめでクルクルするのですが、今回は結構生クリームがたっぷり入っている~
カットしてみて、ゲゲっと思った私でした。
ダンナが 「これJDに送るの?」 と聞いてきましたが、いくら涼しいといえ(涼しいじゃなくて、寒い)こんな生クリーム盛りだくさんのケーキは送らないし。
意外にも生クリームが大好きなことが最近発覚したダンナと私で食べるんだよーっ、この連休中!


北欧風ニットのハギレが、バッグ1個分ぐらい残りました。
さあて、どのバッグを作ろうか?!
一番最初に思い浮かんだのは、コロリンバッグのデフォサイズで、持ち手が長いバージョン。
早速パターンをハギレにおいてみると、縦はいいけど、横幅が足りない。。。
仕方がないので、カーペンターバッグにしようかと思い、パターンをおいてみるとこちらは余裕。
いや、余裕過ぎて、逆にハギレのハギレが残りそう。
そんなんじゃやだーってことで、ギャザーバッグのパターンを引っ張り出してきておいてみると、幅的に全然足りん!
結局またコロリンに戻り、80%ぐらい縮小したチビコロのパターンをおいてみると、縦は余るけど横幅はぴったり~でも、色違いでチビコロは持っているのでデフォサイズのコロリンが欲しい。
いろいろ考えた結果、横幅を3cmほどスリムにして作ることにしました。
c0150564_11232979.jpgパターン: BLUE MOON (kororin bag)
使用生地: C&S (北欧風ニット グレー)
コロリンバッグは、もう何個も作っていて、これで何個目になるのか定かではありません。
北欧風ニット地だけでもブルーとレッド、そして今回のグレーで3個目です。

c0150564_1128625.jpg
中にはもちろんポケットをつけました。
携帯と鍵を入れておくポケットを作っておかないといつも玄関の前でゴソゴソすることになりますから。(ポケットがあってもいつもゴソゴソやっているけど)
適当な補正をしたせいで正規のコロリンとは違い、お尻(底部分)がコロンとしたかわいいものにはなりませんでした。
c0150564_1133978.jpgこれでチビコロのブルーとやせコロのグレーが揃いました。(レッドで作ったデフォコロはJDのところにあります)
チビコロだと浅かったせいでちょいお買い物用でしたが、やせコロは深さがあるのでがっつり使えます。
ただし、、、柄的に来月ぐらいまでの期間限定~!?
[PR]
by suisui53 | 2013-01-14 11:49 | ソーイング

いよいよクリスマス!
と、思ったらコンビニではもう恵方巻きの予約のちらしが置いてありました。
スピーディになのはいいのかもしれないけど、常にまくし立てられている感じなんですよね~。
いちおう年賀状は投函しました。
フー、やれやれ。。。



朝ごパン: ベーコンチーズ入りバゲット   ベーグル   リッチ生地でのパン
c0150564_23565717.jpg
冬至の朝は、かぼちゃスープに、かぼちゃのいとこ煮を添えて食べました。
リッチ生地でのパンは、ハムチーズを巻き込んでピザソースをかけて焼いたものと大納言鹿の子を入れて焼いたものです。
鹿の子入りのパンは、普通のあんぱんよりも甘~く感じました。


c0150564_003465.jpg
今年はどうしようかな~?と思いつつ、またクッキーツリーを作りました。
下の台になる部分は、ココアマフィン。
ホワイトチョコを溶かしたもので、クッキーをくっつけたのですが、強力につき過ぎて、クッキーが一個一個はがれなーい!ということになってしまいました。
多少乱暴に扱ってもツリーがびくともしないのはいいのですが、食べ辛いというのもどうしたものやら?と言う感じです。


c0150564_0115583.jpgパターン: クルール 
      (ファーチェーンバッグ)
使用生地: クルール 
      (ステップカットフェイクファー カフェラテベージュ)
     内布は、ソレイアード
使用金具: クルール 
      (バッグチェーン クリーム)



クルールさんのスラブクロスツィードでコートを作ったら、それに合うバッグが欲しくなりました。
そんなタイミングでクルールさんで丁度『ファーチェーンバッグ』のリバイバル販売があったので、すぐさま飛び付いてしまいました。
こちらは去年の今ぐらいの時期に一度出ていたモノなのですが、そのときは思いっきりスルーしていたのですが、今年の私にはビシビシと響き、1年経つとこうも変わるものなのか?とそんな自分にびっくりしました。
c0150564_0261024.jpg
作り方はいたって簡単なんですが、布が特殊なのでその辺の扱いが大変でした。
クルールさんからの注意事項として、ファーの毛が抜けるので裁断したら即仕上げて下さい!とありました。
なので、裁断したらすぐ縫う態勢で挑んだのですが、裁断した際の抜け毛がすごかった~。
今までもモケモケとしたものは扱ってきましたが、やはりこの布が一番すごかったです。
縫うときには、きっちりクリップで留めて縫ったのに、布同士が滑ってズレテしまいした。
一度は解いてみたものの、かなり解きにくく、なんとか解いてやり直したのですが、その縫い直したのもズレてしまったので、もう解くのはやめ、ズレたままにしてしまいました。
直線縫いばかりだし距離も短いのですが、チェーンを通すためのDカンタブを6個も作らなければならず、それを裏返す作業に一番時間がかかったような気がします。
c0150564_0332634.jpg
完成させてチェーンが1本だけだったので、これは両端につけるべき?
と思ってつけてみると、ポシェットみたいで、あまりにも幼稚にみえてびっくり。
あれっ?私が思い描いていたのはバッグだったよなーーー?
Dカンタブが6個もある意味をよーく考えたら、1本のチェーンの通し方を変えればバッグに早変わり~ということに気が付き、やっと本来の思い描いていたバッグになったのでありました。
それにしても、今回アウトレットということでファーの値段が去年の半額以下だったらしいのですが、
1Mカット限定!
しかしながらこのバッグに使ったファーはほんのちびっと。。。
ものすごーく余ってます。
フェイクファーだし、これで毛皮のコート風なものでも作る?(コートを作れそうなほどの用尺もないけど)
なーんて、やっぱ無理無理。
このところ頑張って在庫布減らしてスペースも空いたのに、もうこれで埋ってしまうことになりそうです。
しかも、ずーっと?!
[PR]
by suisui53 | 2012-12-24 00:58 | ソーイング

昨日ダンナが東京へ出張し、帰りの電車の時間を遅らせてJDと夕飯を一緒に食べて戻ってきました。
ダンナがJDに会ったのは、お盆に以来!?
ちょっとだけでしたが、JDの元気そうな顔を見ることができて、嬉しそうにしていました。
ちなみに食べたのは、パスタだったようです。


朝ごパン: 小麦胚芽山食   レーズンパン
c0150564_036583.jpg
レーズンパンは、まどろみの中で焼成したので、必要以上にオーブンに入れっ放しとなってしまいました。
お陰でちょい焦げパン!そして硬くなってしまいました!!
でも食べてみるとワイルドな噛み応えで、案外イケました。
前の会社のときはほぼ毎日ランチで食べていたベーグルも今はすっかり食べることが減りました。
無性に食べたくなったので、作りました。
もちろんこれは私がこっそり食べる分です。



先週上京してC&Sさんの実店舗で確認して買ったものは、麻帆布でしたー!(軽くばれてたけど)
本当は、正真正銘の帆布を買うつもりだったのですが、いざ手に取ってみたらやっぱり布が厚くて硬いし(当たり前)欲しいと思っていた赤の帆布が見当たらなかったので(見落としたかも?)やめました。
替わりに麻帆布が薄手だったし、きれいな赤があったので、こちらをゲットしてきました。
(↓画像左が麻帆布で右はリデさんの11号ソフト帆布)
そして、またまた作りましたーーー!
c0150564_0474019.jpg
パターン: one`s one(カジュアルトート 小)
使用生地: C&S (麻帆布 赤)
『赤い運命』のリバイバルです。
TVドラマでも最初は山口百恵主演の『赤い運命』でしたが、のちに綾瀬はるかちゃんがリバイバルしてましたからね~。
前回の帆布と同じ赤でも微妙に違います。
それに、前回のバッグは、JDにあげましたからっ!だから自分のを再度作ったというわけで、、、(最初から画策していたという赤じゃなくて黒い噂あり!?) 
c0150564_056175.jpg
前回作ったのは中に↑ピロンとしていたものがついていたのですが、その部分は私にとってはあまり意味がないものだったのでやめて(one`s oneさん、失敬!)、さらにはかなり前に買って温存していたかわいい布もあわせて使いたかったこともあり、勝手にアレンジしてつくりました。
リデさんの11号ソフト帆布は、とても縫いやすかったのですが、麻帆布は薄地のわりには目が詰まっているようで、前回よりもずっと大変でした。
前回は14号針で問題なく縫えたのですが、今回は布の重なりが厚くなってしまった部分などはとうとう16号針のお出まし~となりました。
ミシンもガンガン、ピーピーとものすごい音だったので、ほんまもんの帆布だったら果たして縫えるのだろうか?と思わずにはいられませんでした。
c0150564_1737100.jpg
 (画像左がはるかちゃんじゃなくて麻帆布!、右が百恵ちゃんではなくてソフト帆布!)
リバイバル版の『赤い運命』は、綾瀬はるかちゃん並みに、見た目のほんわかしたムードでついつい油断してしまい、結局はものすごーい天然に翻弄されてしまったーーーという感じです。
でも、やっぱり同じ赤でも新鮮で、そしてかわいい♡けど。。。
[PR]
by suisui53 | 2012-11-10 01:26 | ソーイング

昨日の夜ちょっと寝ぼけながら淹れたてのコーヒーを飲もうとしたので、ジャーっとコーヒーをこぼしてしまいました。
うたた寝の寝起きだったので、丁度ひざ掛けを足にかけていてやけどは免れました。
でも、熱かった~。
お陰ですっかりそれで目が覚めました。。。
コーヒーを飲んでもどうしても眠くなって困っている受験生のみなさんもコーヒーをジャーッとかければ目がしっかり覚めますよーーー(コラっ!)


朝ごパン: 豆パン    オニオンベーコンチーズブレッド
c0150564_11244176.jpg
ホシノ酵母で作る豆パン。
準強力粉を使うのですが、ちょっとしか残ってなくて、準強力粉35%、強力粉65%の配合で作りました。
そのせいか、いつものモチモチ~とした食感が足りなかったような気がしました。
オニオンベーコンチーズブレッドは、またまたかぼちゃのスープといっしょに食べました。
夜のうちにスープも作っておくので朝はとてもスピーディに済みます。
ただ、パンをトースターで焼くのがスローモーだったようで、焦げた味ばかりして、せっかくの美味しい味が台無しとなってしまいました。



それはまだ残暑厳しい9月半ばの運命的な出会いでした。
いつも仲良くしているブロ友さんのブログにとーってもかわいらしいバッグがUPされている!!!
チェックを怠っていたショップで、私の知らないうちに新作バッグが発表されていたらしく(だからマメにチェックして下さい!by店主)、ブロ友さんのところでその情報をやっとキャッチしたわけでありました。
すっかり、ひと目惚れ~♡ ビビビ!?
すかさず注文しようと思ったら、なーんとカートがcloseされているし。。。
せっかく気持ちが盛り上がったのに、運命の波にのまれてしまった私(だったらメルマガ登録して下さい!by店主)
運命に翻弄されてしまったので、気持ちもすっかり冷めてしまっていたのですが、、、この度、やっと思いを成し遂げました。
c0150564_11403232.jpgパターン: one`s one
     (カジュアルトート 小)

使用生地: 布の通販 リデ 
     (11号 帆布soft レッド)

ソーイング歴?年の私ですが、帆布を扱うのは初めてだったような気がします。
そんな私なので、ブロ友さんが 「ハンプでカジュアルトートを作りました!」 というのを聞いて、

「今は竹を加工して作った布が巷で売られているんだー。だから、色も青竹色なんだーー」

という、恐ろしいほど無知な、いったい何歳なんだよアンタ、ソーインガー失格! ぐらいの反応をした私。

竹はバンブーで、こっちは帆布と書いてハンプ
青竹色じゃなくて、ブロ友さんはC&Sさんの素敵なピスタチオカラーをチョイス

こんな私にこのバッグ縫う資格はありますか?
ってなわけで、C&Sさんの11号のハンプはどうやら扱いが大変なようだし、C&Sさんでもハンプの予約販売があったけど11月じゃないと届かないようだし(気がつけばもうすぐだけどね)結局は one`s one さんでも使用していたお薦めの生地屋さんのソフトタイプのハンプを買って作りました。
c0150564_1203053.jpg
ソフトタイプだったお陰で14号針、糸は30番で全く問題なく縫えました。(ステッチに問題がある?ちょっと汚い??)
ただ、こちらの赤↑も私の好きな赤からはちょいびみょーだったので、最初はなかなかやる気がでませんでしたが、、、
持ち手部分を作ったら、なんとも可愛かったので、それからはテンションも上がり、ダダダーっと縫うことができました。
時折、ここはどこー?私は誰ー?じゃなくて、いったいこの部分はどこになるんだ?いったい今どこを縫っているんだ??とわけのわからないまま踊らされた部分がありましたが、いちおう説明書を信じて縫っていけば、やがてその全貌がわかります。(当たり前ですby店主)
最後に下部分のカーブした当て布のステッチをかける際、とってもかけづらくて、その作業が一番大変でした。
私のハンプよりもかなり硬くて厚いハンプで縫ったブロ友さんって、、、
すっげぇーーーー!!!!
[PR]
by suisui53 | 2012-10-26 12:24 | ソーイング

毎年お彼岸のころに見かける彼岸花。
今年も楽しみにしていたのにいつもの場所に咲いていないっ!
他の場所でポツンと咲いていたのは見かけましたが、群生して咲くはずの場所には全くなくて、かなりがっかりしていたのですが、先日その場所を通ったらお彼岸よりも10日ぐらい遅れて咲いていました。
あー、今年も見ることができてよかったーーー。
彼岸花って、枝も葉も節もないまま花茎が地上にスーッと伸びて突如として花が咲くから、よくわからなかったりするんですよね。
あ、赤い奇跡~。。。


朝ごパン: ライ麦のカンパーニュ   小麦胚芽食パン
c0150564_961845.jpg
ホシノ酵母で作ったライ麦のカンパーニュです。
発酵の見極めもよかったようで、とてもきれいに焼けました。
ただ、、、あまりにもきれいすぎて、つまんないような???


おやつ: モンブラン
c0150564_984747.jpg
栗の渋皮煮を使って、この時期限定のモンブランを作りました。
私の作り方は、スポンジ生地を焼き、そこへ生クリームと刻んだ栗を散らしてロールケーキにし、そこに栗クリームを絞り出し、トッピングの栗の乗せて完成♪
去年、栗をちゃんと裏ごししなかったせいで絞り出すのが大変だったので、今年こそはと思ってちゃんとやったつもりでしたが、万能こしきでの裏ごしは甘かったようで、やっぱり絞り出すときに上手くいきませんでした。
スルスルーと絞ることができず、うにゅにゅ~となってしまい、ちぢれ麺となってしまいました。。。
次こそは本当にズボラしないで目の細かい裏ごし器で裏ごしをしよう!と心に誓った私でした。(この誓い、忘れなきゃいいけど)
そして、、、JDよ、残念ながらこれはそちらへは宅配で送れないので、お隣さんにもお裾分けして仲良くおいしく食べたからねー!
して、お隣さんからは、お礼の葡萄(地元特産のナイヤガラという品種)を頂きました!


’70年代に山口百恵主演で大ブレイクしていた赤いシリーズ。
2005年にホリプロがリメイク版として
石原さとみちゃん主演 『赤い疑惑』
綾瀬はるかちゃん主演 『赤い運命』
深田恭子ちゃん主演 『赤い奇跡』
ただし、最後の『赤い奇跡』はリメイク版ではなくて、新作ものだったとか。

私はリメイクしながら新作を作りました。
c0150564_9275293.jpg
パターン: C&S (保冷バッグ)
使用生地: キャスキッドソン ( オイルクロス13-4 Red)
c0150564_9354538.jpg
以前キット買いをして作った『海のストライプの保冷バッグ』
ずーっと使っていたせいで、外側も薄汚れ中の保冷シートは破けてしまい、もう限界となってしまいました。
今の職場では社員食堂があるので、遅番の日だけ軽めの夕食を持参(サンドイッチが多い)するので、やっぱり新しいのを作ることにしました。
オイルクロスは以前JDのリュックを作ったときの肩紐用に使ったもののハギレです。
保冷シートは家にあったおまけの保冷バッグを切り刻んで使おうとしたのですが、保冷シートってやつは、見かけによらずかなりデリケート!
縫いこんであったテープやらをリッパーでほどいて取ったりしたのですが、ちょっとの油断でシートが破けます。(なにしろミシン目がついているので、ピリピリと気持ちがいいぐらいきれいに破けます)
お陰で用意していたおまけの保冷バッグ2個をダメにしてしまいました。(いったい何個おまけを持っているんだ?)
次こそはっ!!!と、取り出したのはピングーの保冷バッグ。
もう無理にバラすのはやめようと思って、そのまま!あるがままの姿っ!!保冷シートだけじゃなくて表面もそのまま使っちまえ!!!という暴挙にでることにしました。
キャスのオイルクロスで作っていた表側のバッグ部分にそーっとそのピングーの保冷バッグを入れてみると、、、
き、奇跡が~~~
ほぼピッタリ!
ピングーの柄がついたままオイルクロスに埋め込み、そしてミシンで封印し(ピングーはオイルクロスと保冷シートの間に格納される)保冷効果抜群!のバッグが完成したのでありました。
c0150564_9475318.jpg


リメイク版の赤いシリーズ 『赤い疑惑』 と 『赤い運命』 は、そこそこ視聴率もとれたようですが、深キョン主演の新作版の 『赤い奇跡』 だけは残念ながら視聴率が低かったらしいとのことでした。
そちらは、奇跡は起こらなかったようですね~。
[PR]
by suisui53 | 2012-10-11 09:59 | ソーイング

私はマイカー通勤の時にFMラジオをいつも聴いています。
あとはソーイングの時もラジオを聴きながら作業することがよくあります。
会社がお休みだった日にいつもは車の中で聴いているお気に入りの番組をソーイングをしながら聴いていました。
その中でどうしても突っ込みたいネタがあったので、ほとんどラジオに投稿などしたことがない私なのですが(いつもは運転しながら聴いているので)携帯でメール投稿しちゃいました。
携帯だったし急いでいたので、思いのたけを半分ぐらいしか語れないまま投稿し、なーんか中途半端!とか思いながらラジオを聴いていたら、それからものの5分ぐらい経過したところで、とっさに名乗ったどうでもいいラジオネームが~
そして私の中途半端なる文章も読まれ、舌足らずの部分はちょっとフォローされ、だけど最後のオチは完璧なるお門違いで終了!してしまったのでありました。
こんなだったらちゃんとPC開いてきっちり文章を書いて送ればよかった、、、と、少しの後悔もありましたが、すかさず採用されたタイミングにびっくりするやら、嬉しいやらでした。

そして、クルールさんのミニアップで買いそびれた赤ニット!
たまたまその日は遅番だったこともあり、家事を済ませ、珍しく午前中にPCを開いていました。
もしやクルールさんで再販があるのでは?と思い、確認しに行くと、その日の10時以降に再販のお知らせをします!とのことでした。
それからネットサーフィンをしてはクルールさんに戻り、UPされたかどうか何度もチェックしてました。
待てば海路の日和あり!グットタイミング!!
欲しかった赤ニットのカートがOPENしている~!!!
もう嬉しいのなんのって、小走りしながら(してない、できない状況だろっ!)ポチポチっとしたのでありました。
「赤ニット獲ったどーーー!」

朝ごパン: プルマンブレッド   イングリッシュマフィン
c0150564_21174669.jpg
思い起こせば先週の土曜日もマフィン食べたんだった。
しかも具も全く同じ。
でもなんとなくイングリッシュマフィン食べたかったわけで、、、月曜の朝のカンパーニュに対抗して、土曜の朝のイングリッシュマフィンがいよいよ定番化決定か?!


おやつ: 焼き芋スイート   抹茶ムース
c0150564_21214065.jpg
実家から送られてきた巨大なさつま芋があったので、またしてもさつま芋を使ったおやつを作りました。
白あんを入れて作る和風テイストのスイートポテトです。
抹茶ムースは、富沢商店で買った牛乳と混ぜて冷やして完成する超お手軽なもの。
一度食べ、もう一袋残っていたのを思い出して作りました。
やっぱり抹茶の味がしっかりしていて、かなりおいしい~♡


JDのいかにもキャス柄のオイルクロスを注文した際に、どうしても欲しくなって買った柄~
c0150564_2129865.jpg
パターン: one's one (3サイズバケット 小サイズの90%縮小)
使用生地: キャスキッドソン (F オイルクロス64-b Chicken )
新作のチキン柄!
チキンな私には、チキン柄がお似合いさっ。。。
c0150564_21354737.jpg
68×52cmサイズ1枚しか買えなかったので、3サイズバケット 小サイズでもちょっと寸法が足りず、結局パターンを90%縮小して何とか作ることができました。
このバッグは、これで5個目となります。
しかし、1号2号3号は、JDのところにあり、私のところに残っているのは4号のみ。
c0150564_2140067.jpg
4号は、リバティのファーガスのつやありビニコで作ったものです。
こちらは中サイズ。
だけど、並べてみるとそれほど大きさも変わらないような?
そういえば、持ち手の長さを縮小していなかったーーー。
妙に長っ!
それに今の私はといいますと、、、
こちらの製作に取り掛かろうと布をカットし、縫い始める前のタイミングで知ってしまった 
同じくone's oneさん 新作のカジュアルトート
めっちゃ、かわいい~♡
もう、こちらに心を奪われてます。
ブロ友さんがピスタチオ色のハンプでものすごーく素敵に作ったのを見て、ますます心はヒートアップ!

おーっと、鳥よ、鳥よ、鳥たちよ~♪ごめん。
[PR]
by suisui53 | 2012-09-15 22:02 | ソーイング

先日会社のトイレでパンツをおろしたら(←おいおい、出だしから下ネタ?)
タグがクロッチ(股の二重になっている部分)にある!
なーんか変!?
よーく確認してみたら、足を入れる場所を間違えていました。
片方は足を入れる場所なのですが、もう片方はウェストになる部分で、よってウェストを入れる場所にもう片足が入っていたようで、パンツを回転させてはいていました。
いつもならウェストのゴムが太かったり、足を入れる部分がレースだったりでちゃんと見分けがつくのですが、今回はいていたものは三角形のシンプルなパンツ。
だからといって、間違えるなーーー!



朝ごパン: クルミパン
c0150564_22562960.jpg
昨日は、クルミパン。
クルミのコリコリした食感がおいしいパンです。
クルミが大好きなダンナもたぶん好きだと思いますが、相変わらず無言でもくもくと食べてました。(たまには何か言えよっ!)
今朝は、豆パンの残りを食べました。(はい、昨日は遅番でしたので)



JDの大学では、教科書をキャスのバッグに入れてみんな持ち歩いているそうな。
フーン、、、と最初は聞き流しながらも、
確かRRさんにそんな形のバッグあったよなー
キャスのオイルクロスは縫いやすいんだよなー
と、頭の中ではすでにバッグが完成してました。
そして、先日RRさんのお店に行ってバッグのパターンをゲット。
そして、たまに買っているネットショップでキャスのオイルクロスをポチっとし、結局は作る気満々!
c0150564_237476.jpg
パターン: Rick-Rack (ラミネートバッグ)
使用生地: キャスキッドソン (F オイルクロス36-2-c Spray Flowers )
どちらかといえば私はキャス柄は、もっと単純なラインのかわいい柄が好きなのですが、今回は
いかにもキャス!
という、王道をいっている柄をセレクトしました。(とは言っても、気に入った柄は、sold outでした)
c0150564_23125942.jpg
こちらのパターンは本体部分と持ち手部分のみだけで、作り方もいたって簡単で、最初にファスナーをつけ、そして本体を縫い合わせます。
あーっと言う間に原型が完成しますが、それからがちょっと面倒~。
それは形をしっかり出すためのステッチがけ。
四方八方それぞれつまんで地道にステッチをかけていき、それが終わったら今度は持ち手を作り、本体につけます。
この持ち手付けも、同じように4回繰り返してつけなければなりません。
ひたすら直線縫いの世界~なので、その単純な作業にいささかうんざりします。
難しいことといったら、やはりビニコ特有の縫いづらいということだけでしょうか?
c0150564_23245482.jpgキャスのオイルクロスは布がしっかりしていますが、わりと縫いやすい方です。
一番縫いやすいのはもちろんリバティのツヤなしビニコですが、布もかなり薄くてぺらぺらしてますから、1枚では頼りない部分もあります。
リバティの普通のビニコは硬さ的にはまずまずですが、かなりぺたぺた張り付いて縫うのに苦戦します。
そんなビニコ対策としては、やっぱりシリコン押さえとクリップが必須アイテムとなります。
これらがあれば、とても便利です。


JDも長~い夏休みがそろそろ終わり、来週からは新学期が始まるので、こちらのバッグで
キャリキャリではなくて、キャスキャスしてもらおうと思います。
[PR]
by suisui53 | 2012-09-13 23:42 | ソーイング