「ほっ」と。キャンペーン

先日、パンの二次発酵中にちょいとうたた寝をしてしまい、慌てて起きてパンを焼かなきゃ!と思ってオーブンレンジの天板にパン生地を乗せようとしたところ、天板がスルッと手元から落ちて私の足の親指に直撃しました。
その日はやや暖かかったこともあり、裸足でした。
ほぼ垂直に落ちた天板は、私の両足の親指の上に見事に命中し、寝ぼけていた私を一瞬でシャキーン!とさせてくれたのでありました。(てか、目から火が出ていたような?)
しばらく痛くてフリーズしてしまいました。
その後もズキズキと痛みが治まらず、もしや折れた?と思いましたが、それは大丈夫だったようです。
もちろん右足の親指の関節のところが青アザとなり、左足の親指の爪が死んでました。
それでも今思えば、パンを焼く前の天板でまだよかったです。
これが焼いた直後の熱々の天板が足に落ちたら・・・と想像しただけで、ゾ~~~

c0150564_22132469.jpg
そして、このくるみとレーズンのカンパーニュこそが、私が体を張って焼いたパンです。
さすが、体を犠牲にしただけのことはあり、きれいに焼けています。(→このカンパーニュは、ドライイーストなので、いつだって誰だってきれいに焼けるのである)

c0150564_22163559.jpg
ダンナが本日(25日)に日帰り出張で東京へ行き、夕飯は新宿でJDと食べてくることになっていたので、JDへの手土産にとバナナのパウンドケーキを作ってダンナに持たせました。
そう思いついたのが、昨夜の11時もとっくに過ぎてからで、実際オーブンで焼き始めたのは午前零時~それから焼きあがるまで40分!
なーにやってんだか!?
と思いつつ、いそいそとケーキを焼いている私。。。
不憫なものよのぉ~。


思い起こせば丁度去年の今ぐらいの時期に『ジャージーフレアドレス』を作りました。
ただ、それはそれはボディコンシャスなものに仕上がり(ようはピッチピチ!)しかも後ろのコンシールファスナー付けにも失敗し、開閉がスムーズじゃないものとなってしまったので、二度と着たくないものとなっていたのでありました。
なので、いつかもう一度リベンジせねば、、、と思い続けて早1年、やっとそのときが来ました。
c0150564_22265715.jpg
パターン: たまねぎ工房 (キトリ/ジャージーフレアードレス)
使用生地: クルール (テンセルキュプラスムース チャコール杢)
テンセルキュプラスムースで、クルールさんのドレープワンピの2枚目を作ろうかな?と思っていたのですが、ドレープワンピが今一つ似合わなかったので、たまねぎ工房さんのこちらのワンピにするには少々薄地かも?と思いつつも要尺的にはぴったりだったこともあり、こちらを作ってみました。
去年、なんであんなパッツパツになってしまったかと言えば、PDF型紙をプリントアウトする際に、どうやら微妙に縮小されたままプリントアウトして、それで作ってしまったから。
今回は間違わないようにちゃんと100%でプリントアウトして、型紙を切り貼りしました。
これで正しい7号サイズの型紙が出来た!と思って、去年のものとどの程度違うかな~?と比べてみたら、、、
な、なんと同じ!!!
へ?また間違えたんかい。
と思ったら、間違えてない。
ってことは、去年も間違えてはいなかったわけで、、、
ってことは、去年から7号サイズがやばい体になっていた?
兎にも角にもまたピッチピチのワンピになってはかなわないので、気を取り直して9号サイズでプリントアウトして作ることにしました。(これがPDF型紙のいいところ)
c0150564_22561499.jpgこのワンピは、シンプルな形なので、それほど難しいこともありません。
ただ、後ろのコンシールファスナー付けが、距離が長いこともあり、唯一の鬼門です。
仕様書をみると、ファスナーのしつけは、ハンガーに吊るしてやる とのことだったので、
寝た子を無理やり起こした上に、吊るしあげかよっ!
コンシールファスナーの場合、寝ているムシ部分をアイロンでしっかり立たせておかないといけないわけで、吊るすのは釣り合いをみるためので、しつけをかける際にはハンガーから外して、、、って書いてました。
それなのに吊るし上げ~に気をとられたせいで、吊るしたまま、しつけをかけてしまいました。
この光景、いつかTVでやっていたような?
そうそう、あんこうをさばくときもこうして吊るしてさばいていたっけな~。
そんなことはどうでもよい。
とにかく、寝た子を起こして吊るし上げてしつけをかけたわけだから、仕上げにコンシールファスナー付け専用の押さえを使って縫いつけました。
これで、さぞや開閉スムーズの完璧なるファスナーがついたに違いない、と思っていたのですが、実際に開閉してみると、、、
し、しぶい。。。
これじゃ、右肩を骨折して以来、四十肩が急速に進み?背中がかゆくても思うようにかけないし、背中のファスナーにもいつも苦戦するのに、このしぶさは、厳しーーー。
仕方がないので、ファスナーを一度ほどいて、アタッチメントも直線縫いの普通の押さえにもどして、つけ直しました。
これでスムースな開閉にはなったのですが、そんなことをしたせいで、右左が微妙にズレ、そしてしわが寄ってしまいました。

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-26 00:04 | ソーイング

母の誕生日

10月17日は、実家の母の誕生日でした。
そしていつもプレゼント選びに苦悩します。
一筋縄ではいかない我が母、そんじょそこらのものを適当に買って渡そうものなら、クレームが。。。
いつだったかエプロンを買ってあげたら
「エプロンなんて、何枚も持ってるわ!」と言われ
また、違う時に木製のサラダボウルをあげたら、結局は全然使ってもらえず
「使ってないから、これ持って行っていいよー」と言われ
またある時にあげた冬用のあったか下着に関しては
「最初いいと思っていたけど、やっぱり肌に合わなかった」と言われ
ほぼ、お気に召さない反応が多いので、それ以来軽くトラウマになっている私。
でもって、毎回うーんうーんと悩んだ挙句、結局は苦し紛れのものをあげるから、やっぱり今いちで終わります。
そして、今年もそんな時期がやってきて、どうしよう???と、少々焦っていたところへ、ナイスアシストがありりました。
c0150564_20232335.jpgピアニストの辻井くんのチケットを入手するためにぴあ会員になっていたのですが、そのお陰でお気に入りのアーティストの情報がいち早く届きます。
いつもはうざいと思っている情報メールでありましたが、今回はまさに渡りに船!
辻井くんよりも気に入っていた兄弟デュオピアニスト?のコンサート情報を知り、チケットをゲットすることができました。
ゆえ、今回は胸を張って母にプレゼントを贈ることができました!
コンサートは、来年の3月なので、まだまだ先のことですが、これを楽しみに厳しい冬を乗り越えてもらえたらいいな~と思っています。


c0150564_20251343.jpg
でもって、クロワッサンは、母がクロワッサン好きなので、そのために作りました。
アップルパイも好きなので、半分はアップルデニッシュにしました。
バターの折り込み作業が面倒だし、私自身はクロワッサンがあまり好きではないので、滅多に作らないこともあり、毎度下手くそのまま。
今回こそは!と意気込んでいたものの、進歩なし。
たま~にしか作らないからねーなんて言い訳してるけど、じゃあ、毎週作っているカンパーニュはどうよ!?ってことになりますが、、、
今回は、わりと美しく焼けているじゃあーりませんか!
と思ったけど、裏返してみたら、やっぱり完璧ではありませんでした。
ま、こんなもんでしょ。

c0150564_20351946.jpg
それから、母がどらやきが好きなので、どらやきも作りました。
どらやきの皮には、はちみつが入ります。
はちみつといえば、そうです、例の日本ミツバチのはちみつ!
丁度これがラストでした。
はちみつ入りの皮は甘いので焦げやすいのですが、見事にやや焦げ気味。
そして追い打ちをかけるように、圧力鍋で炊いたあんも、まさかのやや焦げ気味~。
うわ~、母に指摘されそう。。。
と思いつつも、やり直している時間もなかったので、やや失敗のどらやきは、東へ西へと送られていったのでありました。
それから、友達にあげるためにチーズケーキを作りました。
こちらは、栗原はるみさんのなんつったって、『失敗しないチーズケーキ』
失敗しない?
「私、失敗しないので、、、」←大門未知子か!?
先日作った黒スグリのジャムを入れて焼いてみました。
やっぱり失敗しませんでした。
でもって、、、西へ届いたどらやきは、「おいしい」と言っていただきましたが
東に届いたどらやきは、、、、恐れていた焦げへの突っ込みではなく
「中の小豆、もうちょっと柔らかく煮たほうがよかったんじゃないの?」というご指摘。
そ、そっち~?
うちの十何年選手の圧力鍋、最近調子が悪くなってきて、小豆を炊いた場合、かなりむらがあります。
なので、途中で1度ふたを開けてかき回し、差し水をいれてもう一度圧をかけるようにしているのですが、やっぱり完全ではありません。(今回は差し水が足りなかったので焦げの原因ともなりました)
それでも、粒の立ってる小豆はめちゃめちゃ堅いわけでもないし、それはそれでいいかも~
柔らかい小豆と堅めの食感を楽しめばいいや~
と、いたって都合よく取って、ここしばらくの我が家のあんこといえばこんな感じだったのですが、母にはそんな誤魔化しは通用しませんでした。
私がいちおうそんあ言い訳をし、母はそれをフーンと聞き、そのあとのひと言は・・・
「あ、でも味はちゃんとうちの味だね~」
甘み控えめのさっぱり味!
てなわけで今年も大成功!とはいきませんでしたが、とりあえずは無事に済んでよかった。。。

おまけ・・・
1個キープしておいたどらやきを食べたダンナ。
こいつは、もちろん焦げ焦げ~とか、気付かないし、もちろん小豆の炊きあがりにむらがあることも気にしない。
日本ミツバチのはちみつがこれで終了した!と告げたところ、
「じゃまた新しいの買ってこなきゃ!」と、いたって能天気な返事なのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-10-21 21:28 | クッキング

c0150564_013427.jpg健康グッズ好きのダンナが新しいアイテムを買ってきました。
これに乗って腰をツイストするものなのですが、、、
くびれを求めているのか?どうか、謎ですが、それに乗る度に
「ジェニ、ジェニ、ジェ~ニー ♪ ジェニ、ジェニ、ジェ~ニー ♪ 』
と、歌うのがもっと謎なんですけどー。
誰の歌なんざんしょ?


c0150564_0201230.jpg
実家の母より、毎年この時期にしかとれない 黒スグリの実が届きました。
さっそくジャムを作りました。
ブルーベリーよりも酸味があって、さわやかな味です。
保存しておいた栗の渋皮煮を使ってマロンタルトを作りました。
いつもパテェシエの辻口さんのレシピで作っていたのですが、それだと結構激甘なので、家族は喜んで食べてましたが、私的にはちょっと問題あり!だったので、今回は自分の中で構想していたタルトにしてみました。
タルト生地にアーモンドクリームを敷き込んで焼き、そこへマロンペーストと生クリームを混ぜたマロンクリームを絞り、そして渋皮煮をトッピングする
いわゆるモンブランの形にはなってないけど、味はモンブラン!というもの。
結果は、なかなかいい感じでした。
少なくともいつもの辻口さんのよりは食べやすい。。。(辻口さん、失敬!)
そんな辻口さんの本のスイートポテトははちみつを使ったもので、とてもおいしかった!ということを思い出したので、例の日本ミツバチの蜂蜜を使ってスイートポテトを作りました。
蜂蜜の味がかなり主張して、辻口さんのせっかくのレシピも日本ミツバチにやられてしまった、というものとなりました。
これらをせっせと作ったのは、もちろんJDのところへ送ってあげようと思ったからです。

もちろんパンも送らなきゃ!ということで、いつものライ麦のカンパーニュはお休みをして、他のパンを焼きました。
c0150564_034637.jpg
フォカッチャ、プルママンブレッド、豆パン
プルマンブレッドは、最強力粉と準強力粉を混ぜたものを使ったパンで、しっとりとした触感なのでトーストしても美味しいのですが、サンドイッチにもぴったりな食パンです。
最強力粉は、スーパーキング。
準強力粉は、リスドォル。
いつもこれらを使うのですが、粉を頼んでいる富沢商店さんでリスドォルを切らしていたので、今回はジェニーという準強力粉を買いました。
なので、今回のプルマンブレッドは、カズさんとジェニーちゃんの共演!
私の中でのジェニーちゃんとは、お人形のジェニーちゃんではなくて、最近見かけなくなったけど、ひと頃TVに出ていたおかまのジェニーちゃん!
好きだったのになぁ。。。どうしているんでしょう???
ジェニーを使って作ったプルマンブレッド、いつもより窯のびが悪かったし、きめも粗く(過発酵気味だったこともあり)色がかなり黄色っぽい。
ジェジェジェ~こりゃ失敗か!?と思いましたが、味見をしてみたらびっくり。
いつもよりほんのり甘みがあって、なんとも美味しい。
カズさん(←キングといえばカズさん!という短絡的発想)とジェニーちゃんのコラボは、いい仕事してまっせ~。
全部送るのはもったいないかも、と思いつつスライスして全部箱に詰めました。

あとは、やはり実家の母が送ってくれた新米のおすそ分けとリンゴ、お惣菜、などを入れました。
これらを用意するのにぐったりだったはずなのに、、、
木曜日にJDの高校時代からのお友達がアパートに遊びに来るというので、そのお友達へのプレゼントとしてポーチを作りました。
c0150564_0574847.jpgパターン: パターンレーベル (ポーチBセット ラウンドポーチ 大サイズ)
使用生地: C&S (リバティ コーティング Alexanderアレキサンダー カラフル系)

c0150564_11374.jpg
もしかしたら見覚えのある方もいるかもしれませんが、まったく同じ生地、パターンでこちらのポーチを2月末に作って退職した人へのプレゼントとしました。
その残りで作ったのですが、ファスナーと裏布が違うので、少しイメージが違っています。
そして、何よりも違うのは、裏地の仕上げ方が違います!
今までは、ずーっとバイヤステープでぐるりと縫い代をくるんで仕上げていたのですが、今回はつけないすっきりタイプにしてみました~。
小うるさい小姑のような仕様書をよく読むのにげんなりして(パタレさん失敬!)避けていたのですが、今回はちゃんと目を通してこのやり方でやってみました。
向きを間違えて縫いなおした部分もありましたが、なんとかそれなりに仕上がりました~。
やっぱ、こっちのほうがすっきり仕上がっていい感じです。
とはいうものの、相変わらずカーブが上手く縫えず、ひっつれている個所が所々に。。。
満足したのは中だけで、外見は今一つ~なんですが、いちおう雨風はしのげると思うので?何かの足しにしてもらえらば幸い??ということでJDのお友達へ無理やり渡してもらうことにしました。(おせっかいおばさんか?!)

台風が東京に上陸するらしいのですが、ちゃんと荷物届くかな~???
そしてそんな台風の中、ジェニーちゃんはどうしていることやら?
[PR]
by suisui53 | 2013-10-16 01:29 | ソーイング

成長期はとっくに終わったはずなのに、毎日ゴクゴクと牛乳をたくさん飲んでいるうちのダンナ。
これ以上成長してどうすんだーーー?!(現時点で身長183㎝)
油断しているとすぐに牛乳がなくなり、パンやお菓子の材料として使いたいときに足りなかったりして困ることがあります。
先日、牛乳を買うつもりでスーパーに行ったはずなのに、つい店内焼き立ての焼き芋を発見したら、すっかり牛乳のことを忘れ、焼き芋を買っていました。
帰り際に、はて???と、やっと本来の目的を思い出し、もう一度戻って牛乳を買ってきたのでありました。
フー、危ない、危ない、これからの季節は誘惑が多くてかないませんのぅ~。

c0150564_11571242.jpg
ホシノ酵母で作るワッフルは前夜に仕込んでおくのですが、朝起きがけにチェックしたら今までよりも発酵が進んでいませんでした。
仕方がないのでオーブンの発酵機能を使ってもう少し発酵させてから、ワッフルメーカーで焼きました。
生クリーム&チョコソースが乗っかったこってこてのは、もちろんダンナのです。

c0150564_1242191.jpg久しぶりに普通のスコーンが食べたくなったので、作ろうと意気込んでみたものの、メイプルシロップがワッフルを食べたときに終了してしまったことを思い出しました。
ジャムとかホイップクリームはあるけれど、私は真ん中からぱっくりと割って、そしてそこへメイプルシロップをかけて食べたい、のだ。
しょうがないので、チョコチャンクスコーンに変更しました。
ダンナが喜んで食べ、私はスコーンから撤退!?したのでありました。


c0150564_121138.jpg
パターン: pattern Label (ポーチセットBのペンケース)
使用生地: C&S (リバティ コーティング Patricia)
先日ご栄転ということで転勤になってしまった職場の女性管理職に、お世話になったお礼としてペンケースを作って渡しました。
こんなんでいいのやら?とも思いつつ、時間もなかったし、ほかにいいアイデアも浮かばなかったので前夜に慌てて作りました。
いちおう彼女の好きそうなパープル系で作りましたが、ちょっと歪んでいる~。
でも、知らない人が見れば、もともとこんな形なのだろう、、、と思ってくれると祈って渡しました。
新しい職場でもますますのご活躍をお祈りいたしてます。。。と祈るのが本当だろっ。


c0150564_12225691.jpg大好きなコロリンバッグ。
毎年1個は作っているような気がします。
今年も今年のコロリンとして、6月のバラの咲く時期に本当は作ろうと思っていたのですが、すっかり時期を逃し、、、このまま来年へ持ち越しか!?とも思っていたら、秋にだってバラは咲くことを思い出し、気を取り直して作りました。

パターン: BLUE MOON (kororin bag)
使用生地: C&S (オリジナルリネン ロゼッタ)


c0150564_12352610.jpg
コロリンバッグは、内側に巾着がつくのが正しいのですが、私はせっかちな性格ゆえ、巾着の紐の開け閉めが煩わしくなってしまうので、省略したバージョンで作りました。
すでに5個以上のコロリンを作りましたが、巾着をつけたのはおそらく1個だけです。
ただし、その代わりと言っては何ですが、ポケットを付けてます。
鍵を入れておくスペースを確保しておかないと、いつも車と玄関の前でゴソゴソと探してしまうからなのですが。。。

 

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-13 13:08 | ソーイング

日本ミツバチの蜂蜜~気になって調べたところ、日本ミツバチの蜜は、百花蜜と呼ばれるほどいろんな花の蜜がブレンドされているそうです。
だから、あんなに濃厚だったのか~と納得しました。

c0150564_22464794.jpg
稲田多佳子さんの『はちみつとナッツのお菓子』という本を持っているのでその中から蜂蜜を使ったおやつを作りました。
ブラウニーとマーラーカオ。
やっぱり濃厚な蜂蜜を使っているせいか、今まで作っていたブラウニーやマーラーカオとはちょっと違っていました。
きちんと蜂蜜の香りや味が主張しています。
私はどちらかといえば、あまり主張してくれなくてもいいのですが、ダンナは結構気に入って食べていました。
そして、「こんなにこの蜂蜜でいろいろ楽しめるのだったら、この値段、安いかも?」だって。
安かぁねー。
ほんと、単純な奴。

c0150564_22531316.jpg
先週の土曜の朝は、イングリッシュマフィンとベーグルの夢のコラボ!?
といっても、どっちも冷凍保存していた残り物なんですけどね。
今週のカンパーニュは、クープは全開バリバリでしたが、なんなくまとまってやがってました。

ただ今マイブームのボウブラウス。
そろそろ長袖も必要かと思いまして、作りました。
c0150564_22573174.jpg
パターン: クルール (サマーボウブラウス)→長袖バージョン
使用生地: クルール (クリセタツイル サマーアイボリー)
クルールさんに長袖のボウブラウスのパターンがあり(ブラウスの5頁目)いつも眺めてはどうしようかと迷い続けていましたが、結局は手持ちのサマーボウブラウスのパターンを使いまわし、そこへシンプルカシュクールシャツの袖を付けるという強引なる合わせ技でいくことにしました。(小市民?単なるケチ?)
もちろんぴったりとはいかず、カシュクールの袖の方が大きく、そこで線を引きなおして補正をする!なーんてこともせず、あまっている部分をギャザーにして辻褄を合わせました。
カフスのところは、剣ボロだったのですが、そこは遠慮させていただき、バインダー処理にしました。
でもって、サマーボウブラウスといえば、、、ピンタック!
こちらも遠慮させていただいて作れば、もっとすんなりサクサク作れるのに、どうしても避けられない。。。
ましてや今回の布は、魔性の女系~
パターンを置いて、裁断をする前にそーっとチャコペーパーをしのばせ印をつけておいたので、こりゃ勝ったぜ!と思ったのもほんの束の間のことで、裁断して、さあピンタックを縫おうと思い、印をつけた部分にアイロンをかけようとしたら、印がうねってるーーー!
せっかくの印は、全く機能していなかったのでありました。
結局、印は無視して、アイロン定規を使いながらなんとか折り目をつけ、そこを縫っていきました。
c0150564_2323302.jpg
 誰か ピンタック 止めて ピンタック 胸に 胸に ダーツもある~
(誰か ロマンティック 止めて ロマンティック 胸が 胸が 苦しくなる ♪ by  CCB)
c0150564_23294522.jpg胸のダーツはチャコでつけておいた印に添って縫ったのですが、後で見てみたら左右の位置が上下にずれてました。(チャンチャン)
そんな調子でのっけからうんざり気味だったのですが、それでも頑張って縫い進めました。
魔性の女系ゆえ、ギャザーもうまくいかず、リボン部分もきれいにつけられず、途中でほとほと嫌になり放棄しようかとも思ったのですが、無理矢理縫い合わせて、なんとか完成させました。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-09 00:01 | ソーイング

c0150564_22154333.jpg先日ダンナが、仕事の関係もあって、手土産にはちみつを買ってきました。
それは、希少価値のものになりつつある 日本ミツバチのはちみつ 
確かに少し前にTVで日本ミツバチが激減しているニュースを見ていたので、これが噂のものですかーと思ったのも束の間、そのお値段を見て、びっくらこきました!

c0150564_22241269.jpg300g入りの瓶でお値段なんと、2500円!
おそらくいつも使っている1000g入りのアカシヤの国産ハチミツのほうが安いかと思われるわけで(こちらは実家の母が送ってくれたものなのでいくらなのかは不明ですが)
私だったら絶対買わなーい!
して、お味のほうはと言いますと、、、
濃厚~さすが日本ミツバチ!?まじめにコツコツ蜜を集めたね~(しかしながら瓶に何の蜜なのかの記載がない)
でも、なーんかのど飴のようなちょっと癖のある味。(かなり失礼な女!)
以前、味見して好みじゃなかった栗のハチミツのことを思い出してしまいました。
私はどちらかというとアカシヤやれんげの癖のないハチミツのほうが好みです。(違いのわからない女!)

c0150564_22371356.jpg
ダンナの勇気ある行動?に敬意を表して、ハチミツパンを焼きました。
やはり今まで作ったハチミツパンとは違って、焼きあがりハチミツの香りがプーンとにおいました。
味もいつものよりもハチミツの味がしっかりしていました。

この秋は、やっぱりインシテキル!のが流れのようなので、インするためのスカートを作りました。
c0150564_22424753.jpg
パターン: クルール (膝丈フレアースカート)
使用生地: クルール (シルキータッチウール ブラック)
フレアースカートは、シンプルな形でパーツも少ないのでわりと簡単です。
c0150564_22513435.jpg
少し手間がかかった部分といえば、コンシールファスナー付けと裾のまつり縫い。
コンシールファスナー付けのときにいつもキワを縫いすぎて、開閉が不自由になることが過去に何度もあったので、コンシールファスナー用の押さえを使うのはやめて、あとムシ部分をアイロンでしっかり立ててからやるようにしたので、失敗が減りました。
裾のまつり縫いは、距離が長くて、縫えども縫えどもゴールにならず、疲れました。
c0150564_22574493.jpgシルキータッチウールは、くたっとしたフェルトのような質感。
結構薄かったので、とても縫いやすかったのですが、真冬にはちょっと寒いような?
クルールさんでは、白のフレアースカートだったので、ちょっとは迷ったのですが、そこまで攻める勇気はありませんでした。
白パンは去年から平気ではけるようになったのに、白スカートにはまだ抵抗が。。。


Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-03 23:18 | ソーイング

今日帰宅したら、玄関に大根がドサッと2本置いてありました。
はて?
お地蔵さんに笠をかぶせてあげた覚えはないのですが。。。
誰っ?

c0150564_2116834.jpg
今週も、ちゃんと月曜日の朝のカンパーニュ、食べました!
しかも想定内のいびつっぷりです。
おやつは、久しぶりに蒸しケーキ。
鹿の子入りの抹茶味にしました。

そして、、、どうしても納得いかなかった今シーズンお初の栗の渋皮煮!
せっかく手間暇かけたのに、栗の質が悪く、渋皮煮としてはおいしくなかったので、すぐさまモンブランに加工してしまいました。
なので、渋皮煮を堪能してなーい!納得いかなーーい!!
よって、再び作りました。
今度こそ失敗はしたくないし、おいしい渋皮煮を食べたいということで、品質管理がきちんとしているお店で栗を買い、そして作業も丁寧にしました。
c0150564_21271827.jpg
お陰さまで虫食いの栗もなく、おいしい渋皮煮が完成できました。


クルールさんで8月に販売していた布
ビンテージ風タイプライター サマープラム
とても人気のようで、すぐにsold outになり、さらには再販となっていましたよね~。
クルールさんの赤は稀なので、こりゃゲットしておかないことにはと思い、最初の販売のときにしっかりゲットしていました。
届いたその布は、すごく品のある赤で、とてもいい感じでした。
されど、それが仇?となり、逆になんにするかいつまで経っても決まらない。
クルールさんの掲示板で誰かが作ったのを見て、参考にさせてもらおうと待っていたのですが、いっこうにUPされないし。。。
漠然とワンピのイメージがあったので、ノースリーブ系のワンピにしよう!と決めたのですが、それから私の蒼い時(百恵ちゃん?)いや青の時代(ピカソか?)がやってきてしまい、それらを作っているうちに夏が終わり、すっかりワンピにする気持ちがしぼんでしまったのでありました。
それに、思っていた以上に布が薄かったので、これってブラウスにしたほうがいいかも?と思うようになり、ただ今絶賛ハマリ中のボウブラウスもチラついたのですが、脳裏に浮かんだのはフリルをあしらったもの。
ソーイング界の往年のスター☆の存在?を思い出したのでありました。
c0150564_21492783.jpg
パターン: if any  et m (休日のプルオーバー)
使用生地: クルール (ビンテージ風タイプライター サマープラム)
今はどうなっているのかわかりませんが、確か2年ほど前におしゃれブロガーさんが皆こぞって作っていたのが、こちらのブラウスです。
パターンを入手するのも困難で、私も何度目かのチャレンジでやっとゲットしたのでありました。
そして、3枚ほど作りました。
c0150564_220187.jpg記念すべき1枚目は、パターンと抱き合わせで買わされたダブルガーゼ地で作ったもの。
しかし、こちらは重かった。。。
なにしろギャザーで絞る前に広げた状態のこの服は、マツコが着るのか?!ぐらい、かなりでかい。
それをダブルガーゼで作ったので、ずっしり~。
ついでに、ボリューミィなので、なんとなく太ってみえるような?
旅行に着て、それから何度か着たけど、次の衣替えの際に処分しました。

c0150564_2203136.jpg次なるものは、前回の反省を生かして、薄地のもの。
だからといって、シフォンで作っている~!!!
こちらは軽くてフワフワで、ダブルガーゼのよりも広がりもないし、いい感じ~と思ったのですが、シフォンだったので、テロテロすべる。
着用して出かけているとすぐに後ろにズリズリ~っと落ちて、何度も前に引っ張らないといけなくて、なんともうざい。
よって、こちらも寿命は短し。
3枚目は、ヒラヒラじゃないもう一つのパターンで作り、JKにあげました。
そして誰もいなくなった。。。
じゃなくて、1枚もプルが残ってない。
c0150564_2210129.jpg
今度こそは、重くないし、ズリズリすることもないし、ボリュームもそれほどでもないし、この布なら大丈夫だと思って作りました。
久しぶりに作って思い出したのですが、このブラウス袖にダーツが入っていたり、首周りのギャザーを絞ったところに細いリボンをたたきつけたりします。

Myコーデ
[PR]
by suisui53 | 2013-10-01 22:38 | ソーイング