カテゴリ:トーキング( 137 )

衝撃的!

c0150564_015069.jpg雪の塊はすぐにはなくなりませんが、それ以外の生活環境はほぼ通常通りになってきました。
肋骨の痛みも少し治まってきて、寝起きが楽になったかな~と油断していたら、昨日からまた痛みが復活。
調子に乗ってちょっと無理したのがいけなかったようです。
欠けた部分の骨が再生するまでひたすらカルシウム摂取!
お陰でこのところのおやつといえば、こんなものばっか食べてます。

c0150564_0185679.jpg
ほんのりとした甘さでおいしい黒糖ブレッド。
粉の種類を変えたせいなのかいつもより生地が柔らかいなーとは思っていたのですが、焼きあがって型から外し、冷ましている間にお風呂に入っていました。
お風呂からあがってキッチンにもどってみると、見るも無残な黒糖ブレッドの姿がぁ~。
思いっきりぐしゃっと潰れている!!!
こんなパン、いらないっ!と思ったけど、やっぱり人として捨てるわけにはいかず、いや捨てられるわけもなく、おとなしく食べたのでありました。
カットしてみたら、しずくの形?!になってました。(無念の涙か?)
ダンナには何も言わずに差し出してみたのですが、ノーリアクション。
いつもと何かが違うとか気が付かないんかい、おまえは!とも思ったけど、普通に食べていたので、きっとそんな形のパンなんだなーとか思って食べていたのかも?
そして、そんなダンナがコートのポケットから出したもの。
c0150564_0341672.jpg東京銘菓の『ひよこ』
本来はこんな形だったはずなのに、こちらも見るも無残。。。
しかも、ダンナってばそれを捨てようとしていたので、慌てて制止し、私がおいしくいただきました。
潰れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる・・・・・

先週は大雪のせいで一週間ずっと電車通勤をしていました。
最初は電車のダイヤも乱れていたので、とにかく乗るのに必死だったのですが、3日ぐらい経過するとダイヤもほぼ正常となり、こちらも気持ちに余裕ができたので、乗車している時間を利用して本を読んでいました。
c0150564_0451062.jpg最初に読んだのが、去年の上半期の芥川賞受賞作『爪と目』
2014年の上半期の芥川賞と直木賞の作品はいずれも興味があったので、活字中毒と思われるぐらいの読書家である私の母に「芥川賞か、直木賞の本買った?」と聞いたところ、「芥川賞のだったら文芸春秋に載っているからあげる」と言われ、いただいたのが、こちら→
余計な部分は破いたすっきりスリムな文芸春秋!
母よ、これじゃ、恥ずかしくて持ち歩きできないじゃないかーーー
と思って、もらってからしばらく放置していたのですが、持ち運びに便利なので結局この無残なままの状態で読んでました。
久しぶりのまともな読書。
すっかりと物語に引き込まれてしまって、あーっと言う間に読んでしまい、次っと言う気分になり、翌朝、駅の売店で新しい文芸春秋を買い、つい最近の受賞作『穴』を読みました。
こちらもすぐに読んでしまい、たまたま通りかかったBOOK OFFに発作的に立ち寄ってしまいました。
が、いかんせん、芥川賞作品のジャンルで分類されているわけでもなく、膨大な本の山からは作者や作品名をきちんと網羅していないと目的の本を見いだせない。
えーと何だっけなーーーと、記憶をたどって、ひとつ発見。
c0150564_165627.jpg
それが『蛇にピアス』
これは映画化されたし、いろんな意味でかなり話題になった作品。(ゆえ何とか見つけることができた)
読んでみたらかなり衝撃的な内容。
最初は、
「無理っ。」
とか思ったけど、どんどん引き込まれ、立て続けに読んだ3作品のなかでは一番秀逸な作品かも?と思いました。
あんな若いきれいなお嬢さんが、どうしてこんな世界を知っていて、こんなコアな作品を書けるのかが、すごく不思議だったし、本当に衝撃的でした。
その『蛇にピアス』が受賞するにあたり、選考委員をやって一番この作品をプッシュしていたのが、村上龍。
そういえばダンナが『限りなく透明に近いブルー』を持っていたよな~ということを思い出し、ごそごそ探して見つけ、只今読んでいます。(ちなみにダンナは小説など全く読む人ではなく、なにかの間違いで持っていたと思われる)
これも言わずと知れた芥川賞作品ですが、これは、、、、全然頭に入ってこない。。。
以前は直木賞ものの方が読みやすくて好きだったのですが、今は芥川賞ものにすっかりはまってます。
手当たり次第読みたい!という野望がムクムクと。
でも雪が溶けて、骨も再生したころには、このマイブームは終わっているかもしれませんけどね。
いや、村上龍でちょっとくじけているかも?
[PR]
by suisui53 | 2014-02-27 01:31 | トーキング

久しぶり

c0150564_20415130.jpg本日は節分。
せっかくなのでJDのところへもこちらの節分セット?!を送りました。
昨日集荷の最終時間の夕方に間に合わせて作り、本日の午前中に受け取れるように出しました。
予定通りに到着したようで、早速お昼に食べたそうです。
しかも、お昼で完食~だったようです。(そんな子に育てた覚えはないっ)
今日になって思い出したのですが、太巻寿司を作るときはお米を2合炊いて、チームかんぴょうとチームツナ(いずれもそれ以外はきゅうり・玉子・カニカマが入ります)をそれぞれ2本を作っていたはずなのに、昨日はひとまず半分と思って米を1合しか炊かなかったこともあり、それでかんぴょう2本を作りました。
久しぶりの太巻寿司だったせいで、ツナの存在をすっかり忘れていました~。
しかたがないので、本日うちの分は、しっかりツナも作りましたけどね。
c0150564_2192411.jpg
このレシピで作るときれいに焼けるよーと会社の人から教えてもらったクックパッドのレシピで作ってみました。
連敗中のスフレチーズケーキ!
メレンゲを角が立つまでは泡立てないことが、生地が割れないポイントだとか。
その通りにしたつもりでしたが、やっぱり割れてました~。
ただ、焼成中にどうしても出かけなければならなかったので、温度調節を適当にしてしまったのが敗因だったかもしれませんが。。。
砂糖を控えすぎて味も少々物足りなさが、、、今度はちゃんと作りたいと思います。
このケーキもJDのところへ少しおすそ分けしました。
c0150564_21165714.jpg
そしてさらに黒糖ブレッドとポンデケージョも日曜日に焼いて荷物に入れ、あとおでんといよかんも入れました。
JDのところへ荷物送るの久しぶりだな~と思ったものの、よーく考えてみたら、1月は正月と成人式のときにこちらにいたので、東京へもどるときにたんと持たせてあげていたんじゃん!
お陰で昨日は朝からまたバタバタと忙しかった。。。

c0150564_2123392.jpg
こちらは、我が家のパン。
土曜は、ベーグル。
日曜は、ソーセージパンとくるみレーズンパン。
そして、月曜はもちろんライ麦のカンパーニュ!
しかも、久しぶりにほぼきれいに焼けている!!!
裏返して見たらちょっと割れ目がありましたが、なんとか踏みとどまってくれたようです。


先日恐ろしい事実が発覚しました!
JDの成人式の準備やらでJDの部屋をゴソゴソやっているときに、実家の母がJD用に以前編んでくれたマフラーを発見。
こりゃいいやとばかりにそれから私が通勤用に巻いて使っていたのですが、それから数日後に重大な事実に気が付いたのでありました。
そ、それは・・・
c0150564_21352381.jpgあ、穴っ。
最初は1個しか気が付かず、どっかに引っかけたのかな?と思ったのですが、広げてよーく見てみると、あっちにもこっちにも穴がーーー。
これは、言わずと知れた虫食いじゃないですか?!!!
実家の母が編んだマフラーなので、毛糸はおそらく純毛のものと思われるわけで、、、そう考えるとやっぱり虫さんたちの仕業でしょうなぁ~。
って、いい歳こいたオバサンがこんなボロいマフラーしてたんじゃ、目も当てられないじゃーーん。
そんなタイミングで手芸用品のチェーン店(平たくいえばトーカイ)にたまたまファスナーやら裏地やらを買いにいったものだから、つい毛糸コーナーにフラフラと立ち寄ってしまいました。
そして、気づけばしっかり毛糸がかごの中に入っている~
c0150564_2146321.jpg
ってなわけで、好きだけどしばらく封印していた編み物を久しぶりにやってしまいました。
いつも夢中になって編んでしまい、肩こり、疲れ目、そして睡眠不足、さらには他のこともおざなりになってしまう、、、そんなことになってしまうので意図して避けていたのですが、マフラーに穴がっ、マフラーに虫がっ、、マフラーーー
手持ちのマフラーはもちろん数枚持っているのですが、目には目を!手編みには手編みを!ということでスヌードを作りたい衝動にかられてしまいました。
本当はブルー系にしたかったのですが、きれいな色がなかったので、こちらのパープル系にしました。
そして編み始めることに対しての自分へのお約束
①1日1玉までとする
②午前0時になったらやめる
③他のことをきちんとやった上での余った時間でやる
以上を言い聞かせて、とりかかりました。
糸がホワホワして編み目が目立たないタイプの毛糸を扱うのは初めてで、ひたすらガーター編みという簡単仕様だったのにもかかわらず手こずりました。
毛糸の太さがまちまちなので、ひと目の判断を要所要所で間違え、38目だったはずが、3玉目に突入したところで目数を勘定してみたら、なぜか50目ぐらいに増えてました~。
今更ほどくのも面倒だし、スヌードなのでぐるっと巻いちゃえばわからない、わからない。
ということで、ほどかずにそれから徐々に減らし目をして再度38目に戻すというかなりいい加減な手を使いました。
誰もみていないからって、万引きしてもいいんかい?
先生が気が付かないからって、カンニングしてもいいんかい?
たくさん畑になっているからって、知らない人の畑のとうもろこしをとってもいいんかい?(これはダンナが子供のころにダンナの母が行っていた行為)
c0150564_22153385.jpg曲がりなりにも(本当に曲がっているっていうか、うねっている)のんびり6日ぐらいかけて完成しました。
せっかく完成したのに、このところものすごく暖かい。
でも、また明日からは本来の寒さが戻るようなので、しばらくは活躍してくれるかな?
それにしも久しぶりの編み物、無理をしないお約束を誓いましたが、1玉編む前にすでに寝てしまうこともありました。
いざ編んでみると忍耐力も落ち、さらには無理のきかない身体になってしまっている!ということが判明しました。
ちょっと悲しい。。。
[PR]
by suisui53 | 2014-02-03 22:27 | トーキング

成人式狂騒曲♪

c0150564_09298.jpg都会などで暮らす子らの移動などを配慮しての日程だと思われますが、成人の日の前日の12日にこちらでは成人式がありました。
ちなみに私の場合は、お盆に成人式がありました。
雪の多い小正月の頃よりもお盆に帰省する子が断然多いこともあって、真夏の成人式がとりおこなわれました。
ゆえもちろん服装は、せいぜいワンピースかツーピース。
いたって負担のかからない成人式なのでありました。
そして、うちのJDの場合は、振袖一式のレンタルとはいえ、やれヘアメイクだ、やれ着付けだ、などいろいろ負担は大きいわけで、、、事前準備やら当日のアッシーなど、子にこんなにお仕えする親って一体???
自分はこんなにしてもらった覚えはないのに、今の子っていいなーとちょっとうらやましく感じました。
c0150564_0164188.jpg
いちおうお祝いということで、お赤飯は炊きましたが、それ以外はわりと普通の食事にしました。(お正月の胃疲れをまだ引きずっている)
成人のお祝いと家族揃ってのクリスマスができなかった分も兼ねて苺のデコレーションケーキを作りました。
デコの構想がないままに作ったので、やっつけで完成させてしまいましたが、JDとそして生クリーム大好きなダンナも喜んで食べていました。
c0150564_0222327.jpg
JDは土曜日の夕方にやってきて月曜日の午後に戻って行ったのですが、いる間はなるべく好きなパンを食べさせてあげたいなーと思って、久しぶりのメロンパンやらカルツォーネやら、そして蒸したての中華まんやらを作ったりしました。
多めに作って、残ったものは帰りに持たせてあげました。
c0150564_0265236.jpg
そんな感じでJDに尽くした日々だったので、すべてが終わったら疲れが・・・
いや、疲れと言うよりもなんか燃え尽きたような?
いつものカンパーニュを焼いて、いつものように焼きあがり、やっと現実に戻れたような気がします。
が、レンタル着物のサービスでの前撮りをしていなかったので、後撮りを3月中にやってもらう予定がまだありました。
高校の卒業式の袴スタイルのときにヘアメイクをやってもらわなかったリベンジを成人式ではらそうと思っていたのですが、短いボブスタイルということもあってサイドにちょっと編み込みを入れて髪飾りをつけただけだったし、メイクはあまり上手な人じゃなかったので今一つだったし、これじゃ卒業式のときとあんま変わんないじゃーん!!!と、気持ちはまだくすぶったまま。
3月の後撮りの際には、ヘアメイクももっと上手な?別のところでやってもらえそうなので、リベンジできるかな?
[PR]
by suisui53 | 2014-01-15 00:56 | トーキング

安らかに

c0150564_21412679.jpg7月15日に義理の父が天国へ旅立っていきました。
肺炎を患い、高齢ということもあり経過が悪く、この夏いっぱいぐらいの余命宣告があったので覚悟はしていましたが、あっけなく逝ってしまいました。
もともと痩せていたところに点滴だけの栄養補給しかできなかったので、可哀相なぐらい痩せ細ってしまい、長生きはして欲しかったけど、そんな義父の姿を見るのはとても辛かったので、ホッとしたところもあります。
14日に一度危ない状態になり、持ちなおしたのかなと思ったら、結局は翌日に徐々に心臓の鼓動が弱くなりそのまま静かに止まりました。

義父は、とても穏やかでやさしい人でした。

私はこれまでお葬式に何度か参列したことはありますが、自分の祖父母が亡くなったときは産後間もないときだったので駆けつけることができませんでした。
臨終を看取り、葬儀の打ち合わせ、お通夜、お葬式と一連の流れを全て体験したのは初めてのことで、「死」というものをものすごく身近に感じることができました。
c0150564_22154169.jpg自分の年齢的にもこれから「死」というものがどんどん身近となり、否応なしに受け入れていかなければならないと思われます。
義父の死は、高齢ということもありある程度覚悟していたので、穏やかに向き合うことができましたが、他の状況で、他の大切な人が亡くなったら、果たして受け入れられるのだろうか、、、自信はありません。

なにはともあれ、これからお葬式の機会は増えるだろうし、法事も夏に必ずあるということで、これを機にダンナとそれぞれの数珠を買いました。
そして、夏用の喪服も新しく買いました。(持っていたのはオールシーズン用の暑苦しいものだったので)

いろいろな意味で、お義父さん、ありがとう。
安らかにお眠り下さい。
[PR]
by suisui53 | 2013-07-22 22:27 | トーキング

母から送られてきたもの

実家の母より荷物が届きました。
メロン、乾物類(干ししいたけ・ひじき・切りこんぶ)、姫筍の缶詰、お米、小豆、はちみつ
メロン以外は、ありがた~いセレクト。
メロンは、別に嫌いじゃないし、たまに食べるとおいしいと思うのですが、好んでは食べないシロモノです。(夕張メロンなら食べたいかも)
メロンはJDの大好物なので、おそらくその流れ(どの流れ?)で送ってきたのだと思います。
小豆がたくさん送られてきたので、この前買った市販品の小豆をさっさと使ってしまおうと思い、久しぶりに小豆を炊きました。
c0150564_025255.jpg
その小豆を入れてあんパンを作りました。(ちょっとハミあん?)
思いつきでれんこんサラダとツナとチーズをトッピングした惣菜系のパンも作ったのですが、これがなかなかおいしくてリピート決定!かな。
ピタサンドのために鶏ハムを作ったのですが、今回の鶏ハムは「味薄っ!」という仕上がりになっていました。
塩の分量が足りなかったのか?ちょっと残念。。。

そして、注目の?カンパーニュは・・・・・
c0150564_0372818.jpg
腰高に膨らんでぱっと見は、珍しくきれいに焼けたかと思いきや、、、
クープは控えめだけど、下半身デブ?
いやセルライトが出来ている?
そんな感じの(どんな感じ?しかも↑の表現でいいのか?)ものとなりました。

でもって、ダンナの実家への手土産用として作りました。
c0150564_0415982.jpg
抹茶クッキーとどらやき。
抹茶クッキーはタネを作っておいて、アイスボックスにしておけば直前にサササーと焼くだけだし、そして何よりもおいしいので、もう何度となく作っています。
せっかく炊いた小豆を活用すべく、久しぶりにどらやきを作りました。
砂糖やはちみつが入った甘めの生地をホットプレートで焼くだけなので簡単なのですが、甘めの生地ゆえ、早めに裏返さないと色がすぐ濃くなってしまいます。
ちょっと見極めが遅かったので、いずれも濃い皮になってしまいました。
c0150564_0545065.jpg
我が家のおやつも残りのどらやき、そして抹茶アイスにシリアル、そして小豆をトッピングした三位一体?三味一体のサンデー。
どらやきは、甘いかな~?と思ったのですが、食べてみるとそうでもなくて、結構美味しかったです。(ドラえもんにも分けてあげたかった)
ひたすらあんこを食べたこの週末でございました。

そして母から送られてきたものの今回のメイン!(と言いつつ、母はこれを宅配の箱に入れるのをうっかり忘れ、そんな自分に落胆しながら郵便で後発として送ってくれました)
c0150564_121145.jpg発売直後から驚異的なペースで売れ続け、売り上げが100万部を突破する大 ベストセラーとなっている村上春樹の最新作
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
若かりし頃、村上春樹にはまっていた時期がありまして、その当時はハードカバーでコレクションしていましたが、『ノルウェイの森』ぐらいでストップし、それから彼の作品を読むこともありませんでした。(ちなみに『ノルウェイの森』の映画も観てない)
今回の新作の異常なまでのブームにどちらかといえば辟易していたし、長々としたタイトルを見て
巡礼→お遍路さんの話?
などと勝手に思い込んであまり興味もなかったのですが、母が本持っているよーというので、大ベストセラーになっていることだし世間の話題にでもついていくか、ということで母から本を譲り受けました。
何年ぶりかで読んだ村上春樹作品。
そうそう、彼独特の文面は昔と変わらずだな~と思いつつ読み始め、読んでいるうちにどんどんはまっていき、あの長ったらしいタイトルの意味がわかってきたあたりからすっかり夢中になって読み耽ってしまいました。
できれば何事も放り出して本を読んでいたかったのですが、そういうわけにもいかないのが主婦の損なところ。
それでも、家事と用事をこなしてそれ以外の時間はほぼ読書。
日曜日の朝食のとき、ダンナが起きてこなかったのをいいことに朝食をとりながらも読み、ダンナの実家へ行く道中の車の中でもいつもはグースカ寝ているのに読み、ダンナが帰りに「ユニクロに寄りたい!」と言うので、快く承知して(いつもだったらイライラしながら待つか、拒否る)読書しながら待っていました。、空いている時間の中、ひたすら夢中になって読んだのでほぼ2日間で読破しました。
それだけ夢中になって読んだのですから途中までは本当におもしろかった。。。
で、つぎはどうなるんだろう???と気になって、気になって夢中になって読んだのに、、、ラストが。。。
気がつけ頁数があと少ししか残ってないのに、解決してない問題が残りの頁で果たして埋められているのだろうか?と思いきや、ばっさりと途中のまんまで終了してました!
ええーーーっ?!このままで終わりーーー?!!
あとは自分の妄想だけですかーーー?
ポーンと放り出されてしまった感が。
私のこの夢中になった二日間は何だったのぉ?
っていうくらい、すっきりしない私。
最近の小説って、こんなんでしたっけ?いや村上春樹の小説ってこんなんでしたっけ?
書棚に以前の彼の他の作品があるからもう一度読み返してみればいいのかも?
いやいや、またそこに手を出したら他のことがすっかりストップしてしまうので、やめとこう。
[PR]
by suisui53 | 2013-06-24 01:50 | トーキング

お詫び

前回の内容で不快に思われた方がいらしたようなので、掲載記事を削除いたしました。
反省として、しばらく休止いたします。
申し訳ありません。
[PR]
by suisui53 | 2013-03-18 23:02 | トーキング

新しい発見!

少しずつ新しい毛布に馴染んできました。
快適なる睡眠は理想ですが、あんまり気持ちよすぎるのも布団から出たくない衝動にかられてしまうので、困るような?
今朝も目覚ましが鳴って、もうちょっと~!と思ったのですが、トイレに行きたくなったので仕方なく起きました。
これからますます布団から起きられない季節になるというのに、大丈夫か私?!


c0150564_11391433.jpg
本日の朝ごパンは、冷凍ストックのロールパンと豆パンを食べました。
ショコラパンは、JDに送るために作りました。
さつまいものタルトも送ってあげようと思って作りました。
タルトは完成してから2日目、3日目ぐらいが味が落ち着いておいしくなるので、送るのに丁度よい感じです。


ブロ友さんのところで話題となっていた 『レモンケーキ』
ノスタルジック~!
記憶を辿るとケーキ屋さんの片隅にいつもじっと鎮座していたような?
誰もが知っているけど、誰もが買うわけでもなく、それでもずーっと消えずに残っているケーキ。
私も懐かしいなぁと思いつつ、一度も食べたことがないような気がしました。
そんな『レモンケーキ』にものすごく興味が湧いたので、探してみました。
そして、発見!
c0150564_11484954.jpg
左は松本市民には馴染みのシュークリームが有名なケーキ屋さんのもの。
右は、松本市に本店があるけど私の住んでいる市内にもお店を構えているソコソコな味のケーキ屋さんのもの。
全然違うお店なのに、な、な、なんと偶然にも包装紙がいっしょ!?
1個は先週買って、次のは昨日買ったのですが、一瞬同じものなのか?と、びっくりしました。
でも袋越しに見えるコーティングの感じがちょっと違うようだし、原材料をチェックしてみたらやっぱり違ってました。
この辺のケーキ屋さんが仕入れているパーッケージの問屋さんがいっしょなのでしょうか?
『レモンケーキ』の包装紙はこれしか選ぶ余地がなかった?とか。
c0150564_1158389.jpg
包装紙の謎は置いといて、ひとまず全体像。
左は、薄ーくチョコでコーティングしています。
右は、チョコかと思ったら、レモン果汁と砂糖を溶いたものをかけているようです。
c0150564_1212992.jpg
ちょっくら失礼して、裏側。
どちらも裏までコーティングはありませんでした。
右の方が全体的にベタベタしていたので、包装紙にくっついた分があってきれいに取り出せませんでした。
手にも結構ついて、お陰でカメラにもついちゃったし。
c0150564_1243160.jpg
そしてお味の方は?
どちらもレモンの味がほんのりとした普通においしいケーキでした。
頂き物だったら食べるけど、わざわざお店に買いに行ってまでは決して食べないだろうな~。
でも、偶然にも同じ包装紙だった!というおもしろい事実が発見できて、俄然他のお店の『レモンケーキ』も気になるところです。
この辺一体が、全部同じ包装紙だとか?
私の『レモンケーキ』のイメージは、レモンイエローの不織布みたいなものにキャンディ包みされたものだったのですがね~、全然違うし。
このイメージって、もしかしたら実家(秋田)のケーキ屋さんに置いてある『レモンケーキ』の残像~?
あー、それも確かめてみたい。。。
たかがレモンケーキ、されどレモンケーキ、結構興味深くておもしろいです。
[PR]
by suisui53 | 2013-01-29 12:17 | トーキング

テンション下降気味

めっきり涼しくなってきました。
そんな季節の変わり目、今ひとつ体調がすぐれません。
私の場合、そんなときはひたすら寝ます!
いくらでも眠れてしまう自分にびっくりなのですが、これで疲れた心や身体がリカバリーされていたらいいなーと思いながら、ウトウトしています。


c0150564_21371098.jpg
連休中などに作って食べたパンです。
ショコラは、JDへ送るために焼きました。
ライ麦のカンパーニュは、ちょっと涼しくなってきたから大丈夫!と油断して発酵時間を長めにとったら、ブクブクしている~。
一次発酵でかなりの過発酵だったせいで、二次発酵を早めに切り上げて焼きましたが、生地がダレてのっぺりとしたものになってしまいました。
パンもふかふかになってしまったし、まだまだ油断大敵でした。


c0150564_21411741.jpg
おやつも連休中に作ったものです。
焼き芋スイート(白あんの入った和風スイートポテト)と黒ゴマプリッツェルとチーズケーキは、ダンナの実家への手土産用とJDに送ってあげるために作りました。
今回のチーズケーキは、いつもの栗原はるみさんの『失敗しないチーズケーキ』のレシピではなくて、違う本のレシピで作ってみましたが内容はほぼ一緒で、唯一違う点は片栗粉が入るところでした。
片栗粉を入れることにより、生地が軽くなるというようなことが書いてありましたが、さほど違いがわかりませんでした。(←違いのわからない女)


先日バッグを仕上げてからというもの、パッタリとミシンをさわっていません。
創作意欲をかきたてるものがないんですよね~。
布山はしっかり標高を維持していますし、次はこれ!と思って水通ししてスタンバっているものはあるのですが、縫う気力がないっ。
『かじゅあるとーと』に心奪われたせいか、頭の中はそのバッグのイメージで埋め尽くされている状態です。
しかしながら、ただ今カートがcloseされているので、しばらくお預け~
ならば、やっとゲットでしたクルールさんの赤ニット!
こちらも発送まではもう少しお預けだし、、、
縫いたいと思っているものが縫えない!そんな状態なので気分転換に?定規を新しく買いなおしました。
c0150564_21591337.jpg
これで4代目となります。
使い方が粗いせいで、すぐにダメにしてしまいます。
(画面左から)1代目は、ロータリーカッターと一緒に使っていたので(今は専用のもっとしっかりした別の定規を使用)切り刻まれて無残な姿になってしまっている~
2代目は、やっぱり切り刻まれているし、アイロンをあてられ、溶けてしまっている~
3代目は、アイロンには気をつけたのに、冬場ストーブの近くに置いたせいで、歪んでしまっている~
よって、これらの定規を使ってもきれいに線を引けない、正確な寸法を測れない、そんな状態でした。
だましだまし使っていましたが、やっぱり定規は大事な商売道具だよな~と、買いなおしました。
今度こそ、長持ちさせたい!と思っています。

されど、、、やっぱりテンションあがってこないぞーーー。
[PR]
by suisui53 | 2012-09-19 22:21 | トーキング

かりんとう

昨日今日とこちら信州でもあぢ~い。
ってことは、東京はもっと暑いはず。
東京で過ごす地獄のような夏の日々、JDは耐えられるのだろうか?
あせもだらけになっていなければいいけど(←「いつまでも小さい子供扱いすんなー」by JD)
そんなうちのダンナは、軽装で草取りをした結果、背中に気持ち悪いほどたくさんの虫刺され~。
お陰で朝晩とダンナのぶよっているうえに張りもなくしかも白い背中に(←「そこまでバラさなくてもいいじゃん」by ダンナ)薬を塗る係りになっている私。


朝ごパン: ベーグル   くるみパン
c0150564_1810814.jpg
連休だったということもあり、月曜日のカンパーニュはお休み~。
このところランチにベーグルも食べていなかったので、ホシノ酵母でベーグルを作りました。
やっと入手できたれんこんで、れんこんサラダを作り、鶏ハムもサンドして食べました。


昨日、新しい職場の女子会がありました。
私の職場は3人でローテーションをしているので、その3人とそして私の前任者だった人と合わせて4人。
新旧交代があると必ずお食事会をやっているとのことでしたが、辞めてしまった人とはもちろん初対面だし、その人は定年ということで退職されたのでものすごく年上?だし、ちょっと緊張~でした。
でもお会いしてみるとすごくいい感じの人だったので、すんなりお話できました。
c0150564_18241641.jpg
c0150564_18314632.jpg最初は安曇野にある普通の喫茶店(他のメンバーの家がこちらだったので)でランチを食べ、そのまま解散するのも名残惜しいし、甘いものは別腹で入る!という意見がまとまり、場所を変えて二次会へ。
せっかく安曇野に来たことだし、信州安曇野といえば、ここ!って、ガイドブックでもおそらく紹介されまくりであろう、かりんとうのお店 『蔵久』 のカフェに行きました。

c0150564_1838238.jpgもちろんかりんとうを売っているお店なのですが、奥に旧家を改装した風情あるカフェや庭園があって、大変小洒落ています。(どうやら『犬神家の一族』のロケで使われたらしい)
そこのアイスにかりんとうをクラッシュしたものが乗っていてとてもおいしいとのことだったので、そのアイス目当てに行きました。
バニラアイスにかりんとうならではの黒糖の味とカリカリした食感がマッチして、ちょっと甘かったけれど、おいしかったです。
他にも黒糖カレーやピタパンなどちょっと気になるメニューなどもあり、カフェと反対側の建物では和食のお食事処もあり、また今度ゆっくり来てみたいな~と思いました。

c0150564_18481319.jpg蔵久では『源作』という一個一個包まれた高級感あふれるかりんとうを手に入れ、たまたま前日頂いたお蕎麦屋さんのかりんとうということで『そば粉かりんとう』もあったので、我が家では珍しくかりんとう三昧。
オーソドックスなかりんとうはもちろん黒糖の濃厚な味ですが、思っていたよりも後味はくどくありませんでした。
そば粉のかりんとうは、あっさりしていてぽりぽりスナック感覚でいけるような感じでした。
子供の頃からかりんとうってあんまり好きじゃなかったけど、たまーに食べるとおいしく感じるものですね。
[PR]
by suisui53 | 2012-07-17 18:56 | トーキング

安泰

さてさて先般のGWの乱 
(2012年・・・荷物の礼はいち早くにね!→もつのれいいちはやくね)と暗記せよ。

謀反を起こし大局の逆鱗に触れ
(せっかくの愛情便を指定時間帯に油断してコンビニにちょこっと出かたせいで荷物を受け取れなかったうえに、後日受け取っても連絡をよこさなかったので、私の怒りもMAXに)

兵糧攻めに相成ったJD姫でございまするが、、、
(「そんな人にはもう何も送ってやらないからねっ!」と冷たく突き放されることになった)

守役の爺の
(ダンナ「えっ、僕?」)

取り計らいもあり
(作ったパンやお菓子を見るたびに「送ってあげれば~」を繰り返す)

やがて大局の怒りも納まったということでございます。。。


朝ごパン: 胡桃パン
c0150564_12113435.jpg
せっかくゼンメル型でスタンプしたのですが、押しが弱かったせいで(チキンと呼んでくれ)全く意味を成さない焼き上がりとなりました。
プルマンブレッドとミルキーパン、そしてチョコバナナマフィンとクッキーをJDのところへ送りました。
クッキーは、冷凍保存しておいたタルト生地の余りをスライスしてチョコチップを乗せて焼いただけのものなので、お菓子作りに目覚めた小学校高学年ぐらいの女の子が初めて作ってみたクッキーのような味がしました。
少し取り分けてあったチョコバナナマフィンをダンナが
「これ食べてもいいの?」
と聞いてくるので
「どうぞ!今日JDにいろいろ送った余りだけどね~」
と教えてあげたら
「うんうん、それはいい!」
と、とても満足した様子でした。
これでしばらくは夜中に般若心経がダンナの部屋から聞こえることはない?

ま、私って心の広い女ですから?(かなり大人げないとの噂あり)
これらもついでに送ってあげました!
c0150564_12231525.jpg
テープのカット単位を間違えていたばかりに保留となっていたRRさんのマニッシュバッグ。
テープも無事届き、やっと完成となりました。
4ってことは、2Mということです。(50cmが1個数)
最初に2で買っていたので、今さら4もいらないのですが、4で買えなかった自分が悔しかったので(←無駄な後悔は、無駄使いをも生む)ついつい4で買いました。
c0150564_1228124.jpgまあ、今どきの若い子たちは、腰パンやら腰リュック、腰バッグと、なんでもダラリと腰のずっと下までさげるのがお好きなようなので、肩紐も思う存分長い方がいいかと思いまして。
本当はこのバッグ、自分用だったんですけどね~。
GWに帰省したJDがひと目見て、気に入っていたようだったので惜しげもなくあげることにしました。(ひゃ~、太っ腹!)

それと、週末に従姉妹が気を利かせてJDと遊んでくれるようなので、その子たちにお礼もかねてペンケースを作りました。
従姉妹たちはJDより一つ年上、ダンナの兄夫婦の双子なのですが、やはり彼女らも神奈川で女子大生しています。(しかも双子同士で同じ大学!そしてもちろん一緒に暮らしている)
都会暮らしも1年先輩ということで、JDをいろいろ案内してくれるらしい。。。

少し前にJDのお友達にもあげた リバティのコーティング ellie で作ったのですが、今回はC&Sさんのミニレシピのペンケースにしちゃいました。
裏地がついてないので、かなりフニャフニャになってしまいました。
コーティングは薄地なので、裏地つけた方がよかったよなーと、ちょっと反省。


そんな訳で、本日JDは学校がお休みの日だったので、午前中に荷物が届くように送りました。
今回は、すぐに
「受け取ったでござる」との文(メール)が届きました。

これで戦乱の世も、めでたくしばし安泰となるのでありまする~。
[PR]
by suisui53 | 2012-05-17 12:54 | トーキング