まさかの・・・・・『ミルフィーユ・コート』

土曜日の夜、夕飯の用意ができたので2階にいるダンナを呼ぼうとしたらダンナが降りてきて
「なんかー、気持ち悪いし、寒気がするから寝るっ」
と言って、寝室へ直行してしまいました。
えー、このタイミングで?!
せっかく作った夕飯が台無しやん。
いえいえそっちじゃなくて、まさかのノロウィルス?それともインフルエンザ??の心配をしなきゃだった。。。
幸いにも23時過ぎに起きてきて、夕飯に作っていた湯豆腐は食べてお風呂にも入り、そして日曜日は普通にしていました。
単なる食あたりか?!


c0150564_0405312.jpg
土曜の朝は、久しぶりのホットケーキにしました。
日曜はベーグルで、写真撮ったはずなのに、なぜか消えてました。(なんで?)
そして月曜の朝のカンパーニュは、クープはどこいった?ぐらいの勢いとも思える縦横無尽な開き具合でした。


c0150564_044634.jpg
おやつは、練りパイ生地でのチョコパイを作りました。
久しぶりに練りパイを作ったのですが、いつもより生地が柔らかくて伸びがよく、いつもだったら長方形の型でギリギリの分量なはずがおまけ(小さな丸い型分)が付きました。
ダンナの大好きなホイップは、今回はなし!としました。


前回、ステンカラーコートをぜーぜーしながら完成させたはずなのに、お次もまさかのコート!
連チャンコート!!
なにをそうさせたのでしょう???
て、天使が舞い降りてきたから・・・・・(←マンデラ元大統領の追悼式でデタラメな手話をした男の言い分)
c0150564_0542793.jpg
パターン: one's one (ミルフィーユ・コート Lサイズ)
使用生地: Filer (フリース系)
パターンも生地も今年の初めぐらいだったかに買っていたものです。
いちおうJD用にと思って用意したはずなのですが、気がつけば春になっていたのでそのまま保管となっていました。
あわよくばずっと保管!?になりそうなニオイがしてましたが、天使が舞い降りてきたので、日の目を見ることができました。
c0150564_114055.jpg
急に思い立ったので(なんせ天使が舞い降りてきたので、、、しつこい)裏地もあるもので適当に間に合わせることにしました。
説明書を見ると、身頃部分と袖部分の裏地を異素材で作っていたので、
そっかー、身頃部分は暖かめの素材にして、袖は滑りのよい普通の裏地布にするという手もあるのだなーと勝手に解釈して(ただ単にわかりやすく説明するために違う生地を使っただけかも)異素材作戦で行くことにしました。
なーんて、本当は身頃用に使ったシャツコールの生地も袖用に使ったベンベルグの裏地もどちらも中途半端にしか残ってなく、それぞれそれで丁度良かったわけで。
c0150564_192053.jpg
連チャンで挑んだコートでしたが、たまねぎ工房さんのコートから比べたら、ものすごーく楽に感じられ、サクサクと作ることができました。
ポケットの付け方もものすごく簡単でしたし、フードは最初から身頃とくっついていたので、その付け方も新鮮だったし簡単でした。
お陰でこちらはぜーぜー言うこともなく完成させることができたので、中綴じやちどりがけなどの作業もわりとちゃんとやることが出来ました。
ボタンだけは近場のトーカイで調達したのですが、私の口からとった牙!じゃなくて、私の頭にはえていた角!でもないけど、そんなゴツイボタンしか選ぶ余地がなく、イメージがちょっと違ってしまいました。
ついでに縫いつけるときに、なんどもしつこく返し縫いをしてがっつり縫いつけたのに、どうやら角(やっぱり角?)の向きがまさかの逆さま!
無視してこのままで、、、とも思ったのですが、仕方がないのでつけ直しました。
c0150564_1141125.jpgフリースなので、軽くて暖か~い。
でも、Lサイズのわりには袖丈もそれほど長いわけでもなく、私よりもはるかに手足の長いJDが着たら、ちょっと短いかも~?
作りやすいし、カジュアルなコートも欲しかったので、自分用にも作りたいなーと思いました。
が、まさかのコート3連チャンはない!です。
[PR]
by suisui53 | 2013-12-17 01:32 | ソーイング