コンシールファスナー・・・・・『ジャージーフレアドレス』

先日、パンの二次発酵中にちょいとうたた寝をしてしまい、慌てて起きてパンを焼かなきゃ!と思ってオーブンレンジの天板にパン生地を乗せようとしたところ、天板がスルッと手元から落ちて私の足の親指に直撃しました。
その日はやや暖かかったこともあり、裸足でした。
ほぼ垂直に落ちた天板は、私の両足の親指の上に見事に命中し、寝ぼけていた私を一瞬でシャキーン!とさせてくれたのでありました。(てか、目から火が出ていたような?)
しばらく痛くてフリーズしてしまいました。
その後もズキズキと痛みが治まらず、もしや折れた?と思いましたが、それは大丈夫だったようです。
もちろん右足の親指の関節のところが青アザとなり、左足の親指の爪が死んでました。
それでも今思えば、パンを焼く前の天板でまだよかったです。
これが焼いた直後の熱々の天板が足に落ちたら・・・と想像しただけで、ゾ~~~

c0150564_22132469.jpg
そして、このくるみとレーズンのカンパーニュこそが、私が体を張って焼いたパンです。
さすが、体を犠牲にしただけのことはあり、きれいに焼けています。(→このカンパーニュは、ドライイーストなので、いつだって誰だってきれいに焼けるのである)

c0150564_22163559.jpg
ダンナが本日(25日)に日帰り出張で東京へ行き、夕飯は新宿でJDと食べてくることになっていたので、JDへの手土産にとバナナのパウンドケーキを作ってダンナに持たせました。
そう思いついたのが、昨夜の11時もとっくに過ぎてからで、実際オーブンで焼き始めたのは午前零時~それから焼きあがるまで40分!
なーにやってんだか!?
と思いつつ、いそいそとケーキを焼いている私。。。
不憫なものよのぉ~。


思い起こせば丁度去年の今ぐらいの時期に『ジャージーフレアドレス』を作りました。
ただ、それはそれはボディコンシャスなものに仕上がり(ようはピッチピチ!)しかも後ろのコンシールファスナー付けにも失敗し、開閉がスムーズじゃないものとなってしまったので、二度と着たくないものとなっていたのでありました。
なので、いつかもう一度リベンジせねば、、、と思い続けて早1年、やっとそのときが来ました。
c0150564_22265715.jpg
パターン: たまねぎ工房 (キトリ/ジャージーフレアードレス)
使用生地: クルール (テンセルキュプラスムース チャコール杢)
テンセルキュプラスムースで、クルールさんのドレープワンピの2枚目を作ろうかな?と思っていたのですが、ドレープワンピが今一つ似合わなかったので、たまねぎ工房さんのこちらのワンピにするには少々薄地かも?と思いつつも要尺的にはぴったりだったこともあり、こちらを作ってみました。
去年、なんであんなパッツパツになってしまったかと言えば、PDF型紙をプリントアウトする際に、どうやら微妙に縮小されたままプリントアウトして、それで作ってしまったから。
今回は間違わないようにちゃんと100%でプリントアウトして、型紙を切り貼りしました。
これで正しい7号サイズの型紙が出来た!と思って、去年のものとどの程度違うかな~?と比べてみたら、、、
な、なんと同じ!!!
へ?また間違えたんかい。
と思ったら、間違えてない。
ってことは、去年も間違えてはいなかったわけで、、、
ってことは、去年から7号サイズがやばい体になっていた?
兎にも角にもまたピッチピチのワンピになってはかなわないので、気を取り直して9号サイズでプリントアウトして作ることにしました。(これがPDF型紙のいいところ)
c0150564_22561499.jpgこのワンピは、シンプルな形なので、それほど難しいこともありません。
ただ、後ろのコンシールファスナー付けが、距離が長いこともあり、唯一の鬼門です。
仕様書をみると、ファスナーのしつけは、ハンガーに吊るしてやる とのことだったので、
寝た子を無理やり起こした上に、吊るしあげかよっ!
コンシールファスナーの場合、寝ているムシ部分をアイロンでしっかり立たせておかないといけないわけで、吊るすのは釣り合いをみるためので、しつけをかける際にはハンガーから外して、、、って書いてました。
それなのに吊るし上げ~に気をとられたせいで、吊るしたまま、しつけをかけてしまいました。
この光景、いつかTVでやっていたような?
そうそう、あんこうをさばくときもこうして吊るしてさばいていたっけな~。
そんなことはどうでもよい。
とにかく、寝た子を起こして吊るし上げてしつけをかけたわけだから、仕上げにコンシールファスナー付け専用の押さえを使って縫いつけました。
これで、さぞや開閉スムーズの完璧なるファスナーがついたに違いない、と思っていたのですが、実際に開閉してみると、、、
し、しぶい。。。
これじゃ、右肩を骨折して以来、四十肩が急速に進み?背中がかゆくても思うようにかけないし、背中のファスナーにもいつも苦戦するのに、このしぶさは、厳しーーー。
仕方がないので、ファスナーを一度ほどいて、アタッチメントも直線縫いの普通の押さえにもどして、つけ直しました。
これでスムースな開閉にはなったのですが、そんなことをしたせいで、右左が微妙にズレ、そしてしわが寄ってしまいました。



c0150564_23302910.jpg
羽織りものは襟ぐりが丸いカーデとイメージが湧いたのですが、手持ちのカーデは、グレーやパープル(写真)など。
これだとダーク×ダークなので、暗すぎ~。
アイボリー系のジャケットと合わせてみましたが、これも微妙~。
これ1枚じゃ寒すぎるので、これに合う羽織りもの、急いで作らねばなりません。
それと、9号で作ったら、やっぱりちょっとゆるい。。。
ということは、去年ピッチピチだった原因は布にあったらしい。
ゆえ、もう一度7号で作ってみたい。。。
そして、きりのない妄想にどんどんはまっていくのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-10-26 00:04 | ソーイング