勇気・・・・・『膝丈フレアースカート』

c0150564_22154333.jpg先日ダンナが、仕事の関係もあって、手土産にはちみつを買ってきました。
それは、希少価値のものになりつつある 日本ミツバチのはちみつ 
確かに少し前にTVで日本ミツバチが激減しているニュースを見ていたので、これが噂のものですかーと思ったのも束の間、そのお値段を見て、びっくらこきました!

c0150564_22241269.jpg300g入りの瓶でお値段なんと、2500円!
おそらくいつも使っている1000g入りのアカシヤの国産ハチミツのほうが安いかと思われるわけで(こちらは実家の母が送ってくれたものなのでいくらなのかは不明ですが)
私だったら絶対買わなーい!
して、お味のほうはと言いますと、、、
濃厚~さすが日本ミツバチ!?まじめにコツコツ蜜を集めたね~(しかしながら瓶に何の蜜なのかの記載がない)
でも、なーんかのど飴のようなちょっと癖のある味。(かなり失礼な女!)
以前、味見して好みじゃなかった栗のハチミツのことを思い出してしまいました。
私はどちらかというとアカシヤやれんげの癖のないハチミツのほうが好みです。(違いのわからない女!)

c0150564_22371356.jpg
ダンナの勇気ある行動?に敬意を表して、ハチミツパンを焼きました。
やはり今まで作ったハチミツパンとは違って、焼きあがりハチミツの香りがプーンとにおいました。
味もいつものよりもハチミツの味がしっかりしていました。

この秋は、やっぱりインシテキル!のが流れのようなので、インするためのスカートを作りました。
c0150564_22424753.jpg
パターン: クルール (膝丈フレアースカート)
使用生地: クルール (シルキータッチウール ブラック)
フレアースカートは、シンプルな形でパーツも少ないのでわりと簡単です。
c0150564_22513435.jpg
少し手間がかかった部分といえば、コンシールファスナー付けと裾のまつり縫い。
コンシールファスナー付けのときにいつもキワを縫いすぎて、開閉が不自由になることが過去に何度もあったので、コンシールファスナー用の押さえを使うのはやめて、あとムシ部分をアイロンでしっかり立ててからやるようにしたので、失敗が減りました。
裾のまつり縫いは、距離が長くて、縫えども縫えどもゴールにならず、疲れました。
c0150564_22574493.jpgシルキータッチウールは、くたっとしたフェルトのような質感。
結構薄かったので、とても縫いやすかったのですが、真冬にはちょっと寒いような?
クルールさんでは、白のフレアースカートだったので、ちょっとは迷ったのですが、そこまで攻める勇気はありませんでした。
白パンは去年から平気ではけるようになったのに、白スカートにはまだ抵抗が。。。




c0150564_2313939.jpg
ボウブラウスをイン!
思い出してみれば、昭和の時代にこんな格好、普通だった。。。
でも今、結構勇気がいるのは、なぜ?
[PR]
by suisui53 | 2013-10-03 23:18 | ソーイング