2013・夏の陣!

去年のお盆、実家へ帰省できなかったので、その穴埋め?として9月のクソ暑い中、クソ混んでいた『フェルメール』を実家の母のお供で行きました。
そして、今年。
c0150564_2124524.jpgやはりお盆は帰省できなかったので、第二弾!?として、プーシキン美術館展を観に行って来ました。
今回はそれがメインではなくて、東京オペラシティ コンサートホールで開演された『THE PIANIST~コンポーザーピアニスト・フェスティバル2013』が、一番の目的でした。
「辻井伸行くんのコンサートチケットを取りたいのに、全然取れなーい」
と言って嘆いていた実家の母のご要望に応えるべく、ぴあの会員になり、なんとか23日分のチケットを2枚ゲットしました。
当日は私は仕事の都合でコンサートには物理的に無理で、ピアノを習っていたJDがこちらのコンサートを聴いてみたい!と意欲満々だったので、JDにお供を頼み、上京してきた母と二人で行ってもらいました。(きっと私が行っていたら、途中で眠っていたかも?)
私は、二人がコンサートに行って盛り上がっているぐらいのタイミングで上京し、新宿のホテルにチェックインして二人が来るのを待っていました。
23日はホテルのトリプルルームに三人で宿泊し、そして24日に神奈川に住む兄夫婦とも合流してみんなで横浜美術館へ行ってきました。
こちらも、去年同様混んでいましたが、クソがつくほどではありませんでした。
それでも、つ、疲れた~。(途中で寝ることはなかったですけどね)
私は、23日の夜にホテルで母に会いそれからのお供でしたが、JDにいたっては、23日の昼過ぎに上野駅に母を迎えに行き、やはり母の要望で東京都立美術館の壺やら土器やらの鑑賞に2時間ほどみっちりとつき合わされ、その後新宿に移動して、ホテルに荷物を置きに行って、そしてコンサートへ~と、超ハードなスケジュールをこなさなければならなかったので、大変だったようです。
方向音痴なJDにちゃんと案内できるのか不安でしたが、見事に任務遂行してくれました。
実家の母は、辻井君のピアノ演奏も聴けたし、それ以外に出ていた『レ・フレール』の演奏が大そう素晴らしかったらしく、大満足だったとのことでした。

c0150564_21584218.jpg
24日の夕方の新幹線で母は秋田へ戻り、私も夜のバスで家に戻ってきました。
JDのアパートにその日は泊まろうかとも思ったのですが、暑いだろうし、なにかと忙しいので夜のバスでこちらへ戻ってきました。
東京は覚悟していたほど暑くはなかったので、信州はさぞ涼しいに違いない!と思ってはいましたが、涼しい~ってか、ちょっと肌寒い?!ぐらいでした。
お陰で明日の朝のカンパーニュは、安定した発酵ができたせいで、珍しくキレイに焼き上がりました。

c0150564_227951.jpg
東京での疲れが残っていたので、洋服まで縫う気力はなく、ビニコのバッグを作りました。
私が洋服や小物などを作っていることを知った会社の人が
「今使っている手提げバッグがボロくなって新しいのが欲しいんだけど、こんなのも作れるかな~?」
と言っていたので、
「その程度のことでしたら、おやすい御用でやんす」
ちょうどキャスのオイルクロスも余っていたことだし、それを使って作りました。
おやすい御用!だったはずのわりには、糸調子がなかなか上手いこといかず、
ビニコ界では縫ったら最後、絶対にほどかないで下さい!
という掟を何度も破ってしまいました。
ビニコは久しぶりだったし、あんまりキレイに縫えなかったし、適当に作ったら思ったよりも縦長にできてしまったし、こんなんで喜んでもらえるのでしょうか???という、仕上がりになってしまいましたが。

実家の母は、コンサート、美術館巡りなど、充実した時間を過ごせたようで、とても喜んでくれ、東京駅での帰り際、思い余って涙ぐんでました。。。
そ、そこまで、喜んでくれなくてもいいっ。
女の涙にはオイラ弱いのさ~(←誰?)
気丈な母の涙、、、せっかく親孝行したつもりだったのですが、母の老いを感じて切なくなってしまった私なのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2013-08-25 22:39 | お出かけ