「ほっ」と。キャンペーン

ましょうの女・・・・・『イージーギャザースカート』

とうもろこしを買うときはいつも2、3本にしています。
そうしたほうが皮を剥いたゴミの量も少なめだし、手のカイカイもそれほどでもないし、茹でるときも普通の鍋でできるし、ちょっと物足りない気分でおいしく食べ終わるので。
でも、先日はついつい安売りに目が眩み、掟破りの6本買い!をしてしまいました。
よって、ゴミの量がいっきに増え、手がカイカイになるし、圧力鍋を取り出して茹で、ちょっと飽き気味~。
そんなタイミングでご近所さんからもとうもろこしのお裾分けがーーー。
今、私の身体の中は、とうもろこしだらけのような気がしてならない。。。

c0150564_1074579.jpg
食パン系は型に蓋をしないでそのまま山型で焼くことが多いのですが、今回は久しぶりに蓋をして、四角く焼いてみました。
四角く焼いたときの成功例としては、角が少し丸いのがいい!と記憶しておりますが、私の場合、二次発酵の見極めが悪く(大して見極めてもいないけど)、結局は角がきっちり出ている~。
そんな角々した人間ではないんですけどねぇ。

逞しい脚をむやみに人には見せたくないので、スカートは長めの丈が断然多いのですが、このところ、膝下丈ぐらいのスカートをよくはくようになりました。
だって、会社の制服のスカートが膝丈なんだもーん。(って、そっち?!)
いえいえ、私服でも 『切り替えタックスカート』 でちょっと味を占め、懲りずにまた作ってしまいました。
c0150564_10194490.jpg
パターン: クルール (イージーギャザースカート)
使用生地: クルール (クールタッチ吸水速乾キュプラ グレージュ)
こちらの布、届いたときは、
う、裏地?
と思うような見た目でした。(失敬!)
そして取り扱う際には、すぐに折りしわがつき、裁断しようと置いてみると生地がウネウネしていて切りにくく、まっすぐにカットしたつもりでも、切り口がウネウネしている~。
で、出たっ、魔性の女2013、夏!

c0150564_10254661.jpgまたまた魔性の女にとっ捕まってしまったかー、と思いつつ縫い進めると、アイロンはかかるし、ツルツルすべるわけでもない。
ただ、カットした断面がウネウネしているので、どう縫ったらいいものやらか?
ウネウネに合わせてウネウネ縫うべきか?
全く無視してまっすぐ縫うべきか?
と迷ったのですが、適度にまっすぐ適度にウネウネ?させながら縫いました。(いいとこどり?)
このスカートは、ギャザーを寄せてからウェストにゴムが入る仕様になっています。
ということは、
仕様通りの落としミシンを入れても、ゴムでしぼるわけだから縫い目が見えるわけもないしぃ(←上手く行かなかった、ビバ、ゴム!)
ベルト部分にたるみがでてしまったけど、これだってゴムを通してしまえばわからないしぃ(←こちらも上手くいかなかった、ゴムバンザーイ!)
挙句に、そんなゴムだって3本入れることになっているけど2本でいーじゃん(←最初は3本入れるつもりで縫ったのですが、狭くなっている部分があって、ゴム通しのさいに問題が生じそうだったので、ほどいてやり直す)
そして裾の始末にいたっては、
ロックをかけて二つ折始末になっているけど、三つ折にしちゃおーっと。(ゴム3本を2本に減らしたのをここで相殺してみる)
という、アレンジぶり。
まっ、なんて、しょうがない女!
いやいや、
まっ、しょうもない女!

え?!
ってことは、私がもしかして 
ましょうの女!?





c0150564_1043464.jpg
魔性の女に翻弄されながらも、じゃなかった。
まっ、しょうもない女が翻弄しつつ作ったのにもかかわらず、このスカート、ほんとうにふんわりしていて、それでいて広がらず、いい感じで、結構気に入ってしまいました。
それに、ウェストのゴム2本でも十分圧迫感があったので、3本にしたらウェストゴムでも
油断して食べ過ぎ!
とはならないウェストゴム界のニューウェーブ?!かもしれません。
[PR]
by suisui53 | 2013-08-02 10:59 | ソーイング