消化試合・・・・・『テーパードパンツ』

日本男子バレー、ロンドンオリンピックへの出場権を奪還することはできませんでしたね。
バレーボールといえば、私が小中学生のころはものすごく人気があって、オリンピックやワールドカップでの試合放送があるとTVにかじりついて観てました。
翌日は学校でも活躍した選手やらの話題でもちきりでした。
日本バレーがだんだん弱くなり、時代の流れと共にその人気も落ちて、今じゃジャニーズとのタイアップ。
バレーといえば、ジャニーズ!というイメージが。。。
だからといって、バレーの選手がジャニーズのコンサートへ応援には行くことはないよね~?!
ちなみにそんな時代の流れと逆行してうちのダンナは相変わらずバレー中継があると、必ず観ています。
とくに女子バレーがお気に入りのようで、「さおりん♡」とか「めぐちゃん♡」などといい年のおっさんが言うと、、、ちょっとキモいし、ずっとTVの前に陣取っているので迷惑だし。



朝ごパン: かぼちゃのちぎりパン  バゲット  ライ麦のカンパーニュ
c0150564_955353.jpg
いつものかぼちゃのちぎりパンを型を変えて作ってみました。
焼き上がりの形が違うだけでも気分がガラリと変わります。(単じゅーん!)
土曜の朝は、ストックしておいたロールパンでのロールサンドにしました。
バゲットはホシノ酵母で、1本はプレーンタイプ、そしてもう1本はチーズとベーコンを入れたタイプを焼きました。
そして日曜の朝は、チーズとベーコン入りのをカットしたものと、先日JDに送ったメロンパンの残りを食べました。
そして、今朝は、月曜日の定番!もちろん『ライ麦のカンパーニュ』
ここ2週連続で週末は家を空けていたので作ることができず、本当に久しぶりのカンパーニュです。
焼き上がりオーブンの正面から見たときは
「おおっ、珍しくホシノ酵母でのカンパーニュがきれいに焼きあがっている~♪」
と感動したのですが、、、
いざ取り出してみたら
「なーんだいつもといっしょじゃん・・・・」
後ろの方でしっかりいびつな形になっていました。



おやつ: かぼちゃプリン
c0150564_1055710.jpg
ダンナは、チョコか小豆がらみぐらいのおやつしか喜んで食べてくれないので、おやつ作りに気合が入りません。
チョコ系のは私がそんなに好きじゃないし、どうしようかな~?と考えていたら、かぼちゃプリンだったら、私も好きだし、ダンナも結構食べていたはず!ということを思い出し、作ることにしました。
せっかくのナイスなアイデアだったのに悲劇が起こりました。。。
カラメルソースを手始めに作り型に流し込んでおくのですが、その作業の途中、型の底部分がかすかに歪んでいたらしく、熱いソースを流し込んだとたんにパコンとその歪みがもどり?それと同時に熱いカラメルソースの返り血ならぬ、返りカラメルソースが私の腕や顔めがけて飛んできました。
ものすごく熱い物が腕や顔や髪に飛び散り、甘くて細かい粒粒が腕や髪や顔に~
一番近かった腕の一部は軽度のやけどをしてしまいましたが、顔は距離があったので到達するまでにやや冷めたものと思われ、やけどには至りませんでした。
もう、びっくりしました。
型やカラメルソースが凶器になるとは思ってもいませんでしたから。
ついでに焼きあがって型から外したら、一部形が崩れているし、、、まったく、型の奴め!
そんなこんなでしたが、味はいつもと変わらずおいしい♡のでありました。



思い起こせばここしばらくパンツというものを作っていなかった。。。調べてみれば去年の11月初めに作ったMPLさんのスリムタックパンツ以来?
今はすごくパンツ作りたいモードに入っていて、できればシガレットパンツを作りたいなーと思っているのですが、久しぶりだしリハビリも兼ねて?まずはこちらのパンツを作ってみました。
c0150564_10283036.jpg
パターン: クルール (テーパードパンツ)
使用生地: クルール (サマーデニムストレッチ ディープネイビー)
クルールさんのサンプルはサマーブルーだったのに、明るいブルーはないよな、と思ってディープネイビーを迷わず注文しましたが、夏に向けて着るのだったらやっぱり思い切ってサマーブルーにしたほうが良かったかも?と後で後悔しました。
c0150564_1033137.jpgしかもこちらの布、
大変色落ちしますので、くれぐれも他のものと一緒に洗うことのないように注意して下さい。。。
とのお達しが。
決して覗かないで下さい。。。
と言われてついついおつうの機織現場を覗いてしまったおじいさんとおばあさんのように、私もそう言われるとついつい他の物と一緒に洗いたくなってしまう(洗濯ついでに布を放り込んでそれを水通しとしている私)衝動にかられたのですが、いちおう洗面所で水を張り、そこにしばし布を浸してみました。
最初は「そんなに色落ちしないじゃーん」と思っていたのですが、少し経つとみるみる色落ちが始まり、ディープなネイビーの水となりました。(クルールさん、仰るとおり、その通り~でした)
縫っている最中も手が青くなりました。
こちらのパンツの後ろポケットはパッチだったので、すっかりパンツ作りから遠のいていた私にはありがた仕様でした。
いきなり 玉縁ポケット は、ちとキツイ。
布はサマーデニムというだけあってかなり薄手、しかもストレッチもかなり効いていたので、レジロンとニット用の針を使いました。
糸をいちいち替えるのが面倒なので、ステッチ用はいつもボタンホール用で使っている家庭用ミシン。
そして、本体を縫うのはもちろん職業用ミシン。
これで楽チン、楽チンと思いきや、いつもボタンホールでしか使っていない家庭用ミシンのアタッチメントに目が慣れていないせいかとにかく見辛くて、ステッチが上手くかけられなーい!?
コバステッチもびしっとキワにいかないし、6ミリ程度の間隔でのダブルステッチも8ミリぐらいになっているし。
いただけないステッチをさんざんやりながらも
まだ何とかなる?まだオリンピックに行ける?(一昨日時点の日本男子バレー)
とかすかなる希望を持って縫い進めました。
が、、、ウェストベルトを縫い付ける段階になって、またもや痛恨のミス!
脇と股下部分の縫い代1.2mmだったのを1cmで縫っていましたーーー。
いたって当たり前のことなのに、しばらくパンツを縫っていなかったので、そんな基本的な事さえも忘れ、しかも確認もせず縫い進めていたのでありました。
もちろん、その分の誤差が生じ、だけど本体はガッツリといただけないステッチもかけていたので、他の部分で無理な辻褄合わせをしなければなりませんでした。
ここでオリンピックの夢は完全に絶たれました。(←へ?)
そこからは、昨日の 日本×イラン戦 のように虚しい消化試合となってしまいましたが、日本男子バレーも一矢を報いるために頑張っていたので、私も嫌いなベルト通しつけの仕上げを頑張ってやりました。。。



c0150564_11212895.jpg
はき心地は、思っていた以上にユルイです。
ウェストとお尻の部分がかなりブカブカで、脚の部分もダブダブしています。
ピタっとしていないので、ゆるーくはいて、真夏には涼しくはけそうです。

そんなクルールさんの7号サイズに慣れていたせいか、今の職場での制服のサイズを迷わず7号でお願いしたのですが、スカートのウェストが結構キツっ。
ホックの調整が4段階ぐらいついているのですが、一番ゆるめの端っこでなんとか止められている状態。
その制服を着ているときは大食いできないし、太れない!?
ベリーダンスでもやって熊田曜子さんばりの見事なくびれを作ったら、一番きつめの端っこで留められるかな~???
あ、でも今は優香のほうがナイスなボディだっけ?
[PR]
by suisui53 | 2012-06-11 11:50 | ソーイング