つやつやと

c0150564_13433164.jpg丹波黒豆、炊きました!

つやつやの 黒豆見ながら あこがれる 
 オペラホールのグランドピアノ
(朝日歌壇掲載句より:松田わこさん作)

あいにく色止めの釘などがなかったので、色が黒々していません。


そんな我が家の黒豆をみての一句

色あせた 黒豆見ながら 思い出す 白人化するマイケル・ジャクソン

こりゃまた失礼しました。。。



朝ごパン: 胡桃とカレンズのカンパーニュ
c0150564_13521675.jpg
昨日のホシノ酵母で焼いたライ麦のカンパーニュとはうって変わって、品行方性なドライイーストでのカンパーニュです。
ホシノ酵母の自由奔放な姿に慣れているせいで、あまりにも美しく焼けるこちらのカンパーニュにちょっと違和感が・・・・・。
「そんないつもいい子じゃなくてもいいんだよ!」って、思わず囁きたくなる私です。


おやつ: ベイクドチーズケーキ
c0150564_13564949.jpg
栗原はるみさんの超簡単レシピ『失敗しないチーズケーキ』です。
ビスケットがなく土台を省略したので、なおさら簡単になりました。
ただ、焼き始めたのが午前零時を回ってからだったので、焼き上がるまで寝ることができませんでした。(って、当たり前だろっ!)
チーズケーキは、2日目か3日目ぐらいが一番美味しく感じます。


c0150564_1425791.jpg我が家のつやつやのニューフェイス
『縫工房 ウェーブ』くん!
糸はマックスで5本かけることになります。
針をセットする場所が5個もあり(こちらは全部一度には使いませんが)、用途に応じてセットしなければなりません。
普通の縁かがり仕様のときとカバーステッチ仕様のときは設定が全然別物となり、糸をかける位置も違うし補助パーツも付け替えなければならなりません。
だから、縁かがリして、カバーステッチして、そしてまた縁かがりして~、なーんておいそれとは出来ません。
途中からの糸交換でさえ面倒!と思うのに、その百倍面倒なことしなければならないのですから。
裾や袖口などのカバーステッチを最優先させてやって、4本糸縁かがリをする!という手順でやりました。
手慣れていないせいもあって糸掛け手順もまだチンプンカンプン、ものすごーく時間がかかりました。
『縫工房 ウェーブ』くんはカバーステッチ専用にして、下取りに出すつもりでいた今までのロックミシンちゃんをそのまま縁かがり専属としてしまおうか?とも一瞬本気で思いましたが、置き場所がぁ~
ないっ!
慣れたらすいすいチェンジしてできるのか?それは一体いつになることやら???
[PR]
by suisui53 | 2012-01-31 14:25 | トーキング