「ほっ」と。キャンペーン

おせっかい度

今日は朝から清清しい秋晴れ~。
せっかくのお洗濯日和りだから、せっせと布の水通しをしました。(私の場合、他のものと一緒に洗濯するだけですが)
しかし、水通ししたからといってすぐに取り掛からない場合が多く、あちこち移動している間にその布の名称もどこのお店で買ったものかもわからなくなるありさまです。
水通ししたなら縫え!(飲んだら乗るな!)
縫わないなら水通しするな!!(乗るなら飲むな!!)


朝ごパン: サブマリン
c0150564_13381840.jpg
自分がこのパンでのサンドウィッチを食べたかったので作りました。
朝はもちろんカットしてそのまま出して家族には食べさせ、残った分でちゃっかり自分のランチ用のサンドウィッチを作りました。
だって、このパン、マヨネーズとの相性がいいし、しっとりしているからサンドウィッチにすると超おいしいんだもーん!


おやつ: マロンの浮島風
c0150564_13413271.jpg
稲田多佳子さんの『ちょっと和風の焼き菓子レシピ』本より。
たーっくさんあったモンブランも昨日で完売となりました。
JKはここ数日、モンブランを食べることだけを最大のお楽しみとして生きていたようです。(←あなたの青春って、いったい。。。)
心のより所を無くし、荒みきっても困るので、新たなるおやつを作りました。
渋皮煮を使っての浮島風です。
本来浮島は白餡を使って蒸して作るものですが、こちらは白餡の替わりにマロンペーストを使っています。
本では普通のマロンペースト使用なので、クリーム色のきれいな洗練されたものとなっていましたが、私のは渋皮煮なので、ビジュアル的にはかなり垢抜けない素朴なものとなってしまいました。
まあ、作り手がそんなもんだからそんなもんでしょう。
でも、味のほうは、ふわふわ~でしっとりして、とても美味しいです。
だからと言って私はふわふわ~でしっとりしてません。
どちらかといえば、がっちり(筋肉質)でパサパサです。(季節柄肌が乾燥してきて、保湿がー!と焦っている今日この頃)
今までの蒸しケーキやマーラーカオは全卵をそのままときほぐして混ぜましたが、こちらは卵白はしっかり泡立てたものを使っているので、その分ふわふわ~の生地になっています。
やはりひと手間かけると仕上がりが全然違ってきます。
これでJKもまた平和に暮らせることでしょう。


昨日TVで『妻のおせっかい度問診』(たけしの家庭の医学スペシャルにて)をやっていました。
妻のおせっかい度が高ければ高いほどダンナさんが強いストレスを感じてしまうとのことでした。
丁度ダンナとコーヒータイムだったので、二人でどれどれと採点してみました。


メディカルチェック 『妻のおせっかい度問診』

第1問:財布のひもは奥さんが握っている

第2問:健康管理についてよく夫に指摘する

第3問:夫の仕事について口を出すことがある

第4問:夫の休日の過ごし方に口を出すことがある

第5問:電化製品や家具の買い替えは奥さんが決める

第6問:テレビのチャンネル権は奥さんにある

第7問:何時に帰ってくるのか確認することが多い


4個以上該当するとレッドカルテなのだそうです。
私の場合は、第1問だけが該当しました。
ということで、うちのダンナはストレスフリーって訳ですが、一緒にみていたご本人、ちょっと納得いかなかったようで、、、
「確かに一つしか該当していないけど、ストレスは、ストレスは、、あるんだよぉ~」
と訴えてました。
あんまり構ってもらえていないストレス?
[PR]
by suisui53 | 2011-09-28 14:19 | トーキング