旅立ちのとき

まだ観ていなかった 『ナルニア国物語/第2章』 をレンタルしてきてました。
第3章がとてもおもしろかったので、ものすごーくワクワクしながら観たのですが、、、うーん、1章や3章ほど話がまとまっていないような?戦いのシーンが多すぎたような?そんな感じでした。

朝ごパン: イングリッシュマフィン
c0150564_22334944.jpg
イングリッシュマフィンのつもりだったのですが、焼成の際に上に天板をのせるのをすっかり忘れてしまったので、形が違う~。
どちらかというとハンバーガーのバンズ?
食べてしまえば、形がどうあれあまり関係なかったですけど。

おやつ: 桜餅   おやき
c0150564_2239858.jpg
秋田育ちの私は、桜餅といえば、こちらの関東風の「長命寺」が慣れ親しんだものです。
関西では桜餅といえば、「道明寺」
真ん中の長野県に住んでいると、どちらもあり!みたいな感じです。
ホットプレートで皮を作っている片隅で、ついでにおやきも焼きました。(具はもちろん切干!)
餡は、白餡は富沢商店で買ったもので、小豆餡は、先日大量に炊いておいたもの。
皮が多少ぶさいくにできたとしても餡を入れて桜の葉っぱと巻いてしまえばそれなりになりますし、味は申し分ないです。
簡単なのですが、量が多かったので、時間はかかりました。
おまんじゅうは、レントゲンをとるために行く大きな病院の近くにある和菓子屋さんのもので、いつも前を通るのですごーく気になっていて、先日帰りに寄ってみました。
その名もズバリ 『元気まんじゅう』 といい、「元気」と書いてあるのがこしあんで、顔の書いてあるものが鼻がつぶれているから、つぶあん入りなのだそうです。
味は・・・
普通でした。。。
よって、また買いに行くことはないかな~だったら、病院の売店にあるおやきを買っちゃうと思います。

大量の桜餅!いくら大食い一家でも、こんなに作ってどーする?!
実は、この春大学に進学する双子の姪とお隣さんの息子さんのお祝いをかねて作りました。(よって紅白)

双子の姪は、高校受験のときに同じ高校を受験したのですが、一人は希望校へ合格し、一人は残念ながら希望校へは行けず、スベリ止めで受けていた私立校へ行くことなりました。
最初は私立校へ行く事になった子が可哀相だと思っていましたが、その子のほうが近場で通学も楽だし、部活にも入り、勉強も余裕でついていけたようなので、どんどん活き活きとしてきて高校生活をエンジョイしているようでした。
一方せっかく希望校へ入ったのに、勉強についていくのが精一杯で部活もやらず、学校もちょっと遠かったのでエンジョイする余裕があまりなかったようでした。
そして大学受験でも私立校の子は、その上の大学に何の苦労もなくすんなりと決まりました。
もう一人は塾にさんざん通い、一生懸命勉強して受験し、合格をやっと勝ち得ました。
学部は違えど結局同じ大学となりました。
同じように育てられ、ずっといっしょだった双子が高校では随分違う境遇になりましたが、大学ではまた同じスタートラインに立ちました。(もちろん二人いっしょのアパート)

お隣の息子さんは、災害地などに派遣される看護師になりたいとの希望で看護大学に進みます。
ちょうど今日東京方面へ引越ししていきました。

大変な年の大学進学となってしまいましたが、夢や希望に大いに胸を膨らませて一歩を踏み出して欲しいと思います。
がんばれ!!!
[PR]
by suisui53 | 2011-03-26 23:38 | トーキング