高校生の募金

本日JKの終業式。
なんとか無事に?高校2年生を修了したようです。
 
朝ごパン: スクエアブレッド
c0150564_13594092.jpg
昨日は夜遅い帰宅だったため、パンを焼いている時間もなく、冷凍ストックのパンもないので、寝る前に仕込んで一晩冷蔵庫で発酵させて朝焼いて食べるスクエアブレッドにしました。
シンプルだけど、粉の味を噛みしめることができるので、逆に贅沢なパンなのかもしれません。
JKも基本的には甘いパンが好きなのですが、このパンもめっぽうお気に入りのようで、今朝もおかずを先にワーッと食べてから、パンを大事に食べていました。(←好きなものを最後に食べる派)

c0150564_145797.jpg今日でJKの2年生としてのお弁当はおしまい。
震災後はどうしても気力が湧かないままのお弁当となってしまい、本日も高2ラスト弁として張り切っていきたいところでしたが、無理でした。。。


『上を向いて歩こう!』
願いを込めました。

よって、新学期が始まるまで、しばらくお弁当はお休みです
私のお弁当を楽しみにしてくださっている人がいることがわかり、気持ちが落ちていたときも何とか作ることができました
ありがとうございました!



停電もなく、震災後も何ら不便のない生活を送っているこちらの高校生たちは、いったいどのように受け止めているのだろう?とJKに聞いてみました。
募金活動をクラス単位でやっていて、熱心にやっているクラスもあれば、そうでもないところもあり、まちまちのようです。
JKのクラスは担任の先生が
「募金というものは、お小遣いからするものではなくて、自分で稼いだお金じゃないとおかしい」
ということで、学級費からは募金するものの、あえて個人から集めての募金は許してくれないのだそうです。
なるほど、そんな考え方もあるんだーと思いつつ、でもお小遣いとしてもらったとしても、そのお金の使い道は本人が決めてもいいと思うのですが、、、(ちなみにJKの学校はアルバイト禁止)
コンビニでお菓子など買ったお釣りでいいから、レジ脇にある募金箱に入れるぐらいの気持ちはあって欲しいなあと思います。
被災された方の中には、同年代の子もたくさんいるのですから。。。
[PR]
by suisui53 | 2011-03-23 14:40 | トーキング