ドタキャン・・・・・『ヘリンボーンのワンピース』

少しずつ肩も回復に向かっているように感じる今日この頃ですが、その替わりに腕や肘ににぶい痛みが出始め、
瞬間的な肩の激痛
延々と続く腕や肘のにぶい痛み
果たしてどっちがいいのだろう?とわけのわからない損得勘定をしている私です。。。

朝ごパン: 黒糖ブレッド   ナンドッグ
c0150564_1123720.jpg
やっと黒砂糖を買ってきたので、金曜日は久しぶりに黒糖ブレッドにしました。
二次発酵中に爆睡していたので、過発酵気味。
釜伸びはよかったものの、きめが粗いパンとなってしまいました。
土曜の朝は、ナンを使ってナンドッグにしてみました。
いつぞやのTVでそんな感じのパンをおいしそうに食べるシーンがあったので、ちょっとマネしてみました。
普通にカレーに浸して食べるナンもおいしいのですが、こうして具をはさんで食べるナンもおいしかったので、これからこの手もあり!と決定しました。

おやつ: バナナシフォン
c0150564_11273615.jpg
冷凍庫に卵白2個分と熟熟のバナナが1本ありました。
バナナシフォンを作るべきシナリオが出来上がっていたわけです。
久しぶりに食べると 「シフォンって、なんておいしいのだろう~」 と思ってしまうのはなぜ?

パープル番長、冬物ラストぉ~!!?
c0150564_11323292.jpg
パターン: 内田彩仍さん『ソーイングクローゼット』本より  (ヘリンボーンのワンピース)
使用生地: 表地 qui na rie (ウールメランジ ボルド )
        裏地 C&S (リバティ Gwendolenグウェンドレン ラベンダー)
この冬が終わらないうちに是非仕上げておきたかったワンピースをギリギリセーフで?なんとか仕上げました。
ついさっきまでヘリンボーンをヘンリボーンだと思っていたことも相変わらずアホな私なのですが、そのヘリンボーンだど思い込んで使っていた布は、これまたウールメランジという布でした。
まあ、きっとこれもヘリンボーンの親戚みたいな布に違いないということで、ご勘弁を。(って、誰に許しを乞うている?)
内田さんの洋服の仕様は、ロックミシンがなくても大丈夫なように、縫い代は折伏せ縫い始末だったり、裏地を使って縫い代を隠したりするようなやり方になっていることが多いです。
このワンピも前後の身頃は、同じパターンで裏地分も作り、袖ぐりとウェスト部分の縫い代をくるみながらまつりつけるようになっています。
簡単なようで、ちょっと面倒くさいような?
しかも、完成して最大のピンーチ!!!
身頃がき、きつい・・・・・(怪我をしていたせいで、巨乳になってしまったのか?←ない、ない)
タートル1枚インだったら前のボタンもなんとか閉まりそうなのですが、ボディコンシャスなワンピになってしまいました。
いちおうこの形はコートワンピとして着るつもりだったので、前ボタンは閉める予定もなかったのですが、、、よって、ボタンホールは今のところ開けてません。
だけど、全体のバランスをみたらボタンを閉めて着た方が素敵にみえるような気もするのですが。



c0150564_11543254.jpg
私より巨乳?なトル子さんは、もちろん前は全く閉まらない状態です。(「ふん、ほっといてちょうだい!」byトル子さん談)
同じパターンで襟をつけて、お次はワンピ~と思っていたのに、ドタキャン決定!です。
[PR]
by suisui53 | 2011-02-27 12:10 | ソーイング