お知恵を拝借・・・・・『すずらんのブラウス』

夕べは『豚キムチ鍋』を食べました。
我が家は鍋奉行はいないので、私がかって気ままに作っています。(→ってことは、私が鍋奉行?それほどこだわりはないッス)
しめは、うどんにしたかったのに買い忘れていたので、仕方なくごはんとねぎと卵を入れて雑炊にしましたが、雑炊もおいしかったです。

朝ごパン: あんぱん&ウィンナーパン   ライ麦のカンパーニュ
c0150564_12282283.jpg
2日分です。
あんぱんは、あんがゆるめなのを無理矢理たくさん包んだので、きっちりと成形できなくて、焼く前から自爆することは承知なのでした。
よって、塗り卵もけしの実のトッピングもやめたのでありました。(投げやりになるのはやめましょう)
本日のカンパーニュは、帽子形?

c0150564_13134110.jpg
goodluckの仲間の一人 『うさぎのポルカ』弁当。
森でくらす“幸せ配達人”なんですよ~。
して、親父は何の配達人?

- 作るなら 春まで待とう すずらんブラウス -
c0150564_13211634.jpg
パターン: 『CHECK&STRIPE みんなのてづくり』本より (すずらんのブラウス)
使用生地: C&S (リバティ Wild flowers ワイルドフラワーズ ネイビー)
すずらんのブラウスを2着作ったブロ友Mさんが、すずらんのブラウスは襟ぐりが大きく開いているので 「冬に着るのは寒い!」 と言っていたのを聞いて、すずらんのブラウスのイメージに合いそうな生地があり作りたい気持ちもあったのですが、どちらも冬眠させていました。(↑よって、上の句を詠んでがまんしてました・・・え?)
しかし、最近になってC&SさんのHPの『スタッフの着こなし』という欄を初めて知り(←遅い?)そのなかで、タートルインさせて颯爽と着こなしているスタッフさんの記事を読み、
「暖かアイテムをプラスすれば寒い日でもへっちゃら!」というのを見たとたんにすずらんのブラウス製造スイッチON!となりました。
c0150564_1341813.jpg本当のところ、すずらんのブラウスはリバティで作る予定ではなかったのですが、かなり前に買って何にしようかな~?と決めかねて温存させていたこのワイルドフラワーズに白羽の矢がささりました。(ゆえ、一番合いそうな生地はまだ冬眠中)
前回リバティ(Gwendolenグウェンドレン)の方向を間違え、ブロ友Nさんから
『生地の耳のLIBERTYの「L」の文字の方が上』
という由緒正しき情報を聞きましたので、去年ぐらいからリバティに手を染め始めてすでに何枚も取り扱ってはいたはずなのですが、今ごろになって初めて真面目に方向を考慮して裁断しました。
しかし、自称『ケチケチ裁断名手』のこの私、ケチケチ裁断ゆえ、実に自由奔放、縦横無尽に型紙を置いて、空いたスペースにはめ込んで裁断していたせいで、『L』が上!という法則が苦しくて、苦しくて、、、
まるで、お金持ちの家に招かれ、「お茶でもいかが~」と出されたものの
その家族もきっちりした人たちばかりなので常に気が抜けず、出されたお菓子の味もわからないような。。。そんな感じで、やけに気をつかって疲れました。
衿パーツの縦方向に裁断するときになって、やっと気が楽になったという感じでした。(自分ってば、どんな人なんだー?)
c0150564_1359574.jpg
そして、すずらんのブラウス2枚作っていたブロ友Mさんの知恵を拝借して、デフォとおりでは作らずに、後ろ身頃6㎝、前身頃4㎝ほどボリュームを減らして作ってみました。
作り方にいたっては、難しいルールもなく(前立て部分の本の説明が一瞬解読できなかったけど)問題なく作れました。




c0150564_1445052.jpg
いろんなみなさんのお知恵を拝借して作ったせいか、私にしてはめずらしく失敗もなく作れたので、逆に これで大丈夫なのだろうか? との不安が。(いつもどんだけ失敗してんだ?)
そんな不安を払拭し、気を取り直して試着してみると、、、
ものすごーくかわいい!
ちっちゃな衿と、ふんわりした身頃、6分丈ぐらいの袖?それら全部がミックスしてとてもいい感じだし、襟ぐりが広いからボタンを外さなくてもかぶって着れちゃう!(←そこかよっ!)
そして、タートルインして着ると、もっとかわいい~~~♪
と、ご機嫌だったのですが、やっぱりこれだけじゃ
「寒い日でもへっちゃら!」というわけにはいかないのでありました。。。(どうしてもオチをつけたいらしい)
[PR]
by suisui53 | 2011-01-24 14:30 | ソーイング