暑いから・・・・・『フリルイージーブラウス』

朝ごパン: プルマンブレッド
c0150564_13291845.jpg
いつもしっとりと焼き上がって、サンドイッチにもぴったりなこの食パンなのですが、今回はキメが粗く、しっとり感もあまりなく焼きあがりました。
なぜ?
バターとショートニングを同じ分量入れるところをショートニングをやめて、バターだけ(ショートニング分の量を入れる)にしてしまったから?
やっぱり暑いから?
膨らみも悪く、ちょっとがっかりでした。
オープントーストにして、昨日ご近所さんからもらったかぼちゃで作ったスープとともにいただきました。
かぼちゃは残念ながら水っぽいちょっと外れのものでした。
だからスープもあまり牛乳でのばしてしまうと今ひとつかな~?と思ってかなりペースト感が残ったスープにしちゃいました。
残ったかぼちゃ、あとどうしようかな?

c0150564_13362214.jpg本日は、ピングー弁当。
実はまたキャラ弁の本を買ったので、それを参考にして作りました。
ピングーの全身スタイルは初めて。
親父は、「魚獲ったどー」と、自慢しています。


先日作ったクリオネシャツの魅力にとりつかれ、お次もそのまた次もクリオネ~!!!(合いそうな布が待機中)なんて思っていたのですが、こう毎日暑くては、長袖はちょっと。。。
今年はいつもの年よりも断然ノースリーブかパフパフした袖の服を着る確立が高く、だったらクルールさんから届いたばかりのこのパターンのブラウスを作ったほうがいいかも?と思っていたら
ブロ友さんが早々と2枚も作っていました。
リバティとチェックで作った2枚はどちらもすごーく素敵かわいい~。
あー、私もすぐに作らなくては!!!と、急遽方向変換し、ちょうどよさそうな布も布山から発掘できたし、急いで取り掛かりました。
c0150564_13513944.jpg
パターン: クルール (フリルイージーブラウス)
使用生地: クルール (ナチュラルシフォン スモーキーピンク)
たしかすでに水通し済みだったのですが布山に埋もれていたせいでまたしわしわになっていたこの布、もう一度アイロンをかけながら貼りっぱなしのシール(そのまま水通ししていたらしい)を見てみると
『ナチュラルシフォン』と書いてある。。。
ん?シフォン??
ナチュラルだけどシフォン???
ってことは例の魔性の女?(←注:シフォンにはいつも手こずってばかりなので、シフォンの別名を魔性の女と呼んでおります)
アイロンはなんなくかけられたので今回はそれほどでもないかも?と思いつつも、超薄地用の厳戒態勢の中での作業となりました。
名のごとく自然派の魔性の女だったため、翻弄されることもなく作業が進みました。
が、、、
c0150564_147483.jpg相変わらずの自分自身のおバカさんには翻弄されました。
確かクリオネちゃんのときもそうだったのですが、ラグランタイプとなっている袖付けの際、一部ねじって縫いつけていて、ほどいてやり直しということがありました。
政権交代してもなおねじれ国会のままですが、パターンがかわってもやはり袖がねじれてしまいます。
そんな時代なのかもしれません。。。
って、単なるアホ!懲りない人、学習能力がゼロってことです。
芯貼りやボタンホールなどないし、パターン名にもイージーって書いてあるからサクサク作るつもりでいましたが、いきなりバインダー開きの作業から始まり、衿のフリフリ部分の作り方にちょっとポイントがあったりで、そう簡単にはいきませんでした。(あくまでも私の力量ですが)
フリル部分の布は裁ちきりのままで、、、と仕様書にあったのですが(もちろん作業の途中で気が付く)、カットした断面がきれいじゃなかったので(鋏やカッターの使い方が下手)、袖口と同じく巻きロックにしました。
そこがちょっとしたアクセントになりました。




c0150564_14163246.jpg
リボンの緩め具合で衿の形が変わるので、それでまた着こなしも違ってくると思います。
ギュっとしめて丸衿にして、キュートな感じ。
少しラフな感じで大人な感じ。
にしても、袖部分が涼しそう~ってことばかりに気をとられていたので、よくよくこのブラウスみてみると、思いっきりラブリー?
しかもピンクで作っているし。
思い起こせば遥か昔、、、お色直し用のウェディングドレスをセレクトしているときにお店の人が勧めてくれたのが、こんな衿がついていたピンクのドレス。
「ピンクのビラビラなんて、ぜーったい、ぜーたいヤダ!」と言って、白のシンプルなドレスにしたことを思い出しました。
それなのに今・・・
どうした私?どうする私??どうなりたい私???
[PR]
by suisui53 | 2010-08-26 14:34 | ソーイング