「ほっ」と。キャンペーン

変化

朝ごパン: レーズン食パン
c0150564_1054895.jpg
いつもレーズンパンといえば、ミニパウンド型で焼いていたのですが、JKより「食パンのレーズンパンを食べたい!」というリクエストがあったので、久しぶりに作りました。
レシピもネットでチョイスして、シナモンパウダー入りのものにしました。(よって色が茶色)
シナモンの香りと、レーズンの甘みがマッチして、なかなかいい感じに焼けました。
合宿中はもちろん朝食にパンなど出ることがなくパンに飢えていたJKは、ガツガツと食べておりました。
私も3連チャンで朝にパンが食べられないとなると(コーヒーも飲めないとなると)禁断症状が出てきて、耐えられない気がします。
そんな私って、前世は外人だったのか?とか思ったりするのですが、なんのなんの具合が悪いと途端にパンを受け付けない身体になってしまうので、やはり純日本人なのでしょうね。

女子高生としての初めての夏合宿を経験してJKが昨日帰宅しました。
3泊4日で、初日に「ホームシックになるかも~?」なんて軽く泣き言を言ってきましたが、それからはそんなこともなく、無事合宿を終えたようです。
どれだけ練習の成果があったのかな?
精神的にも逞しくなったかな?
などと、いろいろJKがひと回り、いやせめて半回りぐらいは成長して帰ってくることを期待しておりましたが、、、
変わっていたことといえば
『眉毛の形』だけだった。。。がっくし
強豪高でもないし、もともと校風がゆるめ(←志望理由がここっ)の学校なので、合宿といっても鬼のしごきがあったわけでもなんでもなかったようです。(私なんか死にそうなくらいキツイ合宿だったのに!)
お疲れだったのは、恋バナでの夜更かしや、朝早くからの念入りな身だしなみを整えなければならないということだったようだし。(他の子は起床1時間前から起きて、完璧にしていたとか)
全くイマドキノ子供は、本当に・・・

なにはともあれ、家での念願のフツーの食事に戻ったJKは、「やっぱうちのごはんがいい~」を連発してました。
リアクションなしで黙々と食べるダンナに比べたら、「おいしい!」と言ってくれるJKがいてくれるほうが作り甲斐があるし、会話も弾んで楽しい我が家ではありますが、やはり相変わらず鏡の前でチャラチャラしている前よりも妙に眉毛が整っているJKを見るとイラッとしてしまう母でありました。
私も娘もお互いまたいつもの生活です。(あっ、ダンナもか←JKが不在で一番淋しがっていた人)
[PR]
by suisui53 | 2009-08-21 11:42 | クッキング