「ほっ」と。キャンペーン

鬼に金棒

朝ごパン: 豆パン (ホシノ酵母)
c0150564_1335577.jpg
いつもは鹿の子を入れて作る豆パンを黒豆を入れて焼いてみました。
欲張ってたくさん入れてしまったことと、やはり鹿の子じゃなかったせいで、いつもの豆パンとは違うものになりました。
鹿の子の豆パンのほうが断然おいしい~。
そして、昨日の夜に七草粥をちゃーんと食べましたよ。
うちの場合は、炊飯器のお粥モードでお粥を炊いてから、そこに茹でてみじん切りにした七草を混ぜて食べるようにしています。
味はつけません。
お粥のお供に年末に仕込んでおいた『野沢菜漬け』を添えて、、、野沢菜の出来は?
即席漬けのほうはかなりしょっぱかったのに、こちらはかなり薄味。
足して2で割れば丁度良いような気がしました。。。
野沢菜デビューしたばかりだから、今回はこんなものかな?(真の信州人にはまだなれない)
野沢菜以外にも普通のおかずも用意したのですがお粥じゃ物足りなかろうと汁物をお雑煮にしちゃったので、これじゃそろそろ胃を休めましょうという趣旨に全くもって背いている?!

今年のソーイングは今までとは何かが違う・・・・
c0150564_13194616.jpg
カッティングスケール
皮巻きソーイングウェイト
ロータリーカッター
ギンガーのはさみ
以上のラインナップで作業するからです。

ロータリーカッターは前から持っていたのですが、布はもとより型紙(やたらぬいしろが縮んでいく)やら定規やらも切り刻んでいたせいで歯がボロボロになってしまい、それでもそれを使っていたから切れ味が悪いのなんのって(歯が欠けている部分が切れない!←当たり前)
替え刃をすぐ買えば(←ダジャレ?)いい話だったのですが、OLFAのはどこでもあるのに貝印の替え刃が見当たらない!
あ~ネット通販で買ったんだった・・・ということを思い出し、ついでにいろいろ補充しちゃいました。
カッティングスケール⇒ロータリーカッター用の定規なのですが、今まではアイロンで溶けかけた定規をあてて使っていたので、かなり切り刻まれてささくれだっていました。
このスケールはしっかりしているので、多少のことでは切り刻まれないような気がします。
皮巻きソーイングウェイト⇒待ち針も使いますが、この重石でドーンと押さえておくと布ずれしません。
そしてなーんといっても1人クリプレ(自分が買って自分に贈ったクリスマスプレゼント)のギンガーのはさみ!!!
早く使いたくてうずうずしておりましたが、新年まで封印してました。
そしてやっと開封~。
噂とおりのすばらしい切れ味です。
今まで使っていたはさみはなんだったの~って感じ。
切る感触のあたりはやさしいのに切れ味はシャープ!もう快感です。
布を切る作業って面倒だったりしたのですが、しばらくは楽しんでできそうです。
『鬼嫁に金属バット』 じゃなくて(リ、リ、リアルすぎて怖いんですけど~)『鬼に金棒』です。
え?猫に小判?!豚に真珠?!←馬の耳に念仏でございます。
[PR]
by suisui53 | 2009-01-08 13:58 | クッキング