「ほっ」と。キャンペーン

トリビアの泉

昼ごパン: グラハムベーグル
お や つ: くるみのロッシェ
c0150564_13374767.jpg
お昼用のベーグルのストックがなくなったので、補充用。
今回はホシノ酵母で作ったので、もっちりとして穴も小さく私好みになりました。
朝ごパンは、少し前に作って残りの分を冷凍ストックしておいたロールパンを食べました。
早くも保存瓶が空になり、お預けをくらっている犬のような顔で「次は~?」とダンナが言うので、ついつい甘やかして、すぐさま作ってしまいました。。。
実は本人にも周囲にも気付かれないように少しずつ太らせて、、、計画を、、、って、ない、ない。
効率悪そうだもん←って、何が?

昨日またまた実家が果樹園をやっている会社のパン友より嬉しいいただきものがありました。
c0150564_13464072.jpg
『ふじ』(赤くて大きい方)と『ふじの受粉用のためのリンゴ』(←品種不明) なのだそうです。
形のよいふじを作るためには、もちろんふじ同士で花粉を人工的に受粉(刷けとかでポンポンするらしい)させるのですが、その他に違う品種のりんごの花粉も受粉させた方がいいのだとか。
なので、たくさんあるふじの木の中に数本違う品種のりんごの木を植えていて、その受粉は風任せだったり、ミツバチさん任せだそうです。
ミツバチさんも養蜂場からレンタルして働いてもらうんですよ!
だからこのリンゴの木はあくまでも受粉用でしかなく、実がなっても廃棄してしまうのだとか。
パン友が、ちょっと味見してみたらかなり酸味があるリンゴだったので、私好みだと思ってわざわざ持ってきてくれました。
紅玉とはまた違うけど、青っぽい酸味があり、まさしく私好み~。
すぐさま丸かじり!おいしかったー。
両方スーパーの袋いっぱいにもらったので、またしばらく幸せな日々が続きます♪
それにしても、おいしいリンゴを作るにはやはりいろいろ工夫があるんだということを知ったのでありました。
[PR]
by suisui53 | 2008-12-18 14:07 | クッキング